ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3Dプリントからレーザー彫刻まで、1台で何役もこなすロボットアームツールがスゴi

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3Dプリントは、今や一般人にも身近な存在となった。これはものづくりをする人にとっては、革命的ともいえる技術かもしれない。

・ヘッド部分を取り替え、マルチな機能をこなせる

「Makerarm」はそんな作り手をサポートするありがたい機能が満載の製造ツール。3Dプリント、彫刻、組み立てなど、さまざまな製造工程を1台でこなせるという。

「Makerarm」はその名の通り、ユニークなアーム部分が大きな特徴になっている。アームのヘッド部分を取り替えることで、さまざまな機能を使い分けられる。

1つめは、3Dプリント機能。フィラメントや樹脂を使って3Dプリントを実行できる。

2つめは、プレス、カット機能。プラスチックや木など、やわらかい素材をプレスしたり、カットしたりできる。

3つめはレーザー彫刻機能。500ミリワットのレーザーがヘッドから照射され、プラスチックや木、革、厚紙などにレーザー彫刻を施せる。

4つめはオブジェクトを掴んで配置する機能。真空ポンプと吸盤、電磁石ヘッド、ハンドルなど、オブジェクトの性質や用途によって選択できる。

他にも、オブジェクトを組み立てる際には、ネジを回したり、はんだ付けしたりと役立ってくれるはず。

・ヘッド部分のカスタムも可能、ゆったりとした作業スペース

開発チームでは、独自のハードウェア開発キットを用意しているので、ユーザーが自分のニーズに合わせて、ヘッド部分をカスタムできるのでありがたい。

フレキシブルなアームは、サイド約40、高さ約25センチの稼動域になっており、広くゆったりとした作業スペースを確保できるように設計されている。

また、Wi-Fi通信機能を搭載しているので、スマートフォンからワイヤレスでコントロールできる。

「Makerarm」であれば、1台のツールでさまざまな機能をこなせるようになり、コストを大幅に削減できるほか、省スペースなのも大きな魅力。

・Kickstarterで出資受付中

現在、クラウドファンディングKickstarterで出資を受け付けており、開催期間は残り20日。個人の職人から産業メーカーまで、大きな力となってくれそうである。

Makerarm

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP