ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

hitomi、”今の自分だからこそ生み出せた楽曲を集めた”ミニアルバム「Journey」リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

hitomiが、約1年半ぶりにミニアルバム「Journey」を配信限定でリリースした。

今回リリースした配信限定ミニアルバムには、これまでの彼女の作品とは少し違った思いが込められているという。「歌手としてデビューしてから20年、いろいろなことがあった。今はゆったりとした時間を感じていて、そんな中で生み出した楽曲達。たくさんの経験をしてきたからこそ、たどり着いたイメージ。まだ若かった当時のような背伸びはしない、無理もしない、みんなと手をとって一緒に聴いていたいような、、、そんなアルバム。」

自身で今作をそう振り返るように、今回発表された新曲5曲は、「CANDY GIRL」や「LOVE 2000」「SAMURAI DRIVE」のようなこれまでの彼女の代表曲とはまた違った、アコースティックギターサウンドが際立ち、シェリル・クロウを彷彿させるような、言わば“大人かっこいい”楽曲が揃っている。

また、これまでほとんどの曲の歌詞を自身で書き続けてきたhitomiだが、今回の配信限定ミニアルバムのタイトルにもなっているイチオシ曲「Journey」は、平井大などのサウンドプロデュースを手掛けるEIGOが作曲だけでなく作詞まで手がけている。

その背景には、「これまで多くの歌詞を書き続けてきた中で、自分の世界観だけでは視野が狭くなってきているのを感じていた。」というhitomiの思いがあった。そんなとき、EIGOのプロデュースした楽曲に出会い、彼の中にある力強くシンプルで直球な感覚、穏やかなのに芯がはっきりしているメッセージに共感し、今回の作詞・作曲の依頼をしたという。

「Journey」は、波の音とギターのアルペジオが印象的な、聴く人をゆるやかな気持ちにさせるメロディ構成となっており、まさに歌詞の中に出てくる「裸足のままでいい」というフレーズがぴったりの曲となっている。先月末に東京・二子玉川ライズで開催された「ママフェス」のステージにて初披露された。

デビューしてから20年を走り続けてきたhitomiが、その20年の間に様々な経験があったからこそ辿り着くことが出来た音楽が詰まった作品となっている。

配信情報

ミニアルバム「Journey」
2015年10月21日(水)より配信
<配信曲>
Journey
WONDERLAND
LIFE is Good
Sea
Love myself

iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/id1047083319?app=itunes&ls=1
music.jp:http://music-book.jp/music/Artistpage/1720
レコチョク:http://recochoku.com/a0/hitomi_journey/
mu-mo:http://q.mu-mo.net/of/hitomi_1501021/

関連リンク

hitomi オフィシャルサイトhttp://hitomilovelife.net
■hitomi オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/ninpu-hitomi/
hitomi twitterhttp://twitter.com/hanehitomi
hitomi オフィシャルファンクラブhttp://fc.avex.jp/hitomi/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP