ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Do As Infinity「原曲に負けない哀愁を封じ込められた」16週連続第1弾「深い森」配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Do As Infinityが、16週連続で配信していくプロジェクト[2 of Us](トゥ・オブ・アス)の第1弾として「深い森 [2 of Us]」を10月21日にリリースした。

[2 of Us]は、今までリリースしたシングル作品の中から厳選した16曲をメンバー2人だけでリアレンジ、再録音し、なんと16週連続で配信していくプロジェクト。「深い森」のオリジナルは、2001年6月27日にリリースした10thシングル。日本テレビ系アニメ「犬夜叉」エンディングテーマとしても注目を集めたナンバーだが、メンバーにとっても“この楽曲をシングルとして出せるDo As Infinityは、スーパーオリジナルなバンドになれる”ことを確信した重要曲だという。

2015年現在「名刺代わりの曲に成長してくれた」「本当に名曲だと思います」と伴都美子(vo)も語っており、今回のリアレンジバージョンではイントロ一発目のアコースティックギターの音色からしてDo As Infinityの16年の重みと深みを感じ取ることができ、往年のファンであれば目頭を熱くすることだろう。

また、今回の[2 of Us]プロジェクトで制作されている16曲は、ほぼ配信順でリアレンジ/再レコーディングを敢行している。最初に手掛けることになった「深い森 [2 of Us]」を制作する中で、伴都美子の歌はファーストテイクを使用、大渡亮はアコースティックでありながらもダイナミクスを生む為に2本(2種)のギターを同時進行で響かせる、同プロジェクトのスタイルが決定付けられた。2人の16年間を象徴する楽曲に新たな命を授ける、その初期衝動も感じ取ることができる。

なお、レコチョク、mu-moでは16週連続配信ダウンロード特典を実施している。

伴 都美子(vo)コメント
この曲のデモを聴いて「これだよ、これ!」ってメンバーみんなの中で合致感が生まれたのを鮮明に覚えてます。実際に「深い森」は私たちの名刺代わりの曲に成長してくれたナンバーで、今回改めてレコーディングしてみて「この曲は私たちが歳を取っても歌っていける曲だな」って思いました(笑)。これからも大事にしていかなきゃいけない曲だし、本当に名曲だと思います。

大渡 亮(g)コメント
僕がデビュー前にこのグループに携わった当初からあった曲で、「これは来るべきときにリリースするんだ」と大事にされていた曲だったんですよ。僕も「これは良い曲だな。良いタイアップに恵まれてみんなに聴いてもらえるといいな」って思っていたら、実際にそういう風になりましたし、Do As Infinityにとっては特別な曲なのかもしれないね。今回のリアレンジではスライドを入れて、原曲に負けない哀愁を封じ込められたんじゃないかなって思います。(TEXT&Interviewer:平賀哲雄)

16週連続配信プロジェクト[2 of Us]特設サイト

http://d-a-i.com/2ofus/

配信情報

「深い森 [2 of Us]」
2015年10月21日(水)より各配信サイトにて配信
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/artist/do-as-infinity/id73955226
レコチョク:http://recochoku.com/a0/d-a-i/
mu-mo:https://sp-m.mu-mo.net/artist/10002;jsessionid=0CFF692B3FB97D886C04A4A9FB606656
mu-mo特集ページ:http://q.mu-mo.net/dai-16_news/

関連リンク

Do As Infinity オフィシャルサイトhttp://d-a-i.com/
Do As Infinity オフィシャルファンクラブ “Dive At It”http://fc.avex.jp/dai/
Do As Infinity twitter@DoAsInfinity929
■Do As Infinity オフィシャルfacebookhttps://www.facebook.com/doasinfinityofficial
■Do As Infinity オフィシャルLINE:@doasinfinity929
伴 都美子オフィシャルブログ「Ulala Diary」http://ameblo.jp/van-t-fromdoasinfinity

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP