ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サイを絶滅から守れ!DNAまで複製した、超リアルな3Dプリントの犀角 世界の密猟を減らす取り組み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ケラチンたんぱく質で構成されるサイの角は、古くから漢方薬の材料として用いられ、力を回復すると信じられてきた。

密猟者による乱獲により、サイの数は減少の一途をたどっており、絶滅が危惧されている。昨年、南アフリカだけでも1200匹以上のサイが密猟されているという。

・バイオテクノロジー、3Dプリントの技術を用いて犀角の代替品を

3Dプリントの技術を活用して、そんなサイの問題を解決しようと取り組んでいるのが、Matthew Markus氏、George Bonaci氏が設立したバイオテクノロジーのスタートアップ「Pembient」である。

「Pembient」では、サイの絶滅を防ごうと、価格も安く、実際に動物も殺さないで済む代替品として、3Dプリントでサイの角を模倣した角を製造し、提供しようと試みている。

・見た目の形状だけでなく、DNAまで本物に似せる

同社のもつバイオテクノロジーの知識と技術を活用し、ただ見た目の形状を真似るというだけでなく、遺伝学的、分光写真法的にも、本物のサイの角に似せた成分の犀角を、3Dプリントで出力するというものだ。

チームでは、犀角だけでなく、象牙、虎の骨、センザンコウの革なども、同じ技術で安価なレプリカの製造を目指している。

・野生生物を乱獲から守る取り組み

このような野生生物の不正な闇取引は200億ドルにものぼるといい、チームではこういった世界レベルの問題に歯止めをかけるべく、取り組みを進めている。

Pembient

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP