体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

跳ねたいほどに可愛らしいっ!ウサギちゃんがモチーフの武将の「変わり兜」まとめ

戦国時代、江戸時代、武将が愛用していた兜には生き物や植物など様々なものがモチーフになった兜があります。一風変わった兜のことを変わり兜と言いますが、Japaaanでは以前海鮮系の変わり兜を紹介しました。

完全に海の幸じゃないか!海鮮すぎる戦国時代のオモシロ兜[かぶと]たち

跳ねたいほどに可愛らしいっ!ウサギちゃんがモチーフの武将の「変わり兜」まとめ戦国時代の兜といってもその種類はさまざま。かぶる人間の気性を反映したかっこいい兜からユニークすぎる兜まで、変わり兜と言われるものが今でも数多く保管されています。今回はそのなかでもとってもユニー…

今回は十三夜の月が近いこともあり、日本では月と関わりの深いウサギをモチーフとした変わり兜をまとめてみました。ちなみに2015年の十三夜は 2015年10月25日(日)です。

うさぎといえば現代では可愛い動物の定番といった感がありますが、うさぎは月の信仰とも関係がありさらには俊敏を意味することから、うさぎモチーフの兜を好んで使用した武将は意外にも多いようです。

それではウサギモチーフの兜まとめをどうぞ!

兎形かわり兜(うさぎなりかわりかぶと)

[画像を拡大]

所蔵:千葉県立博物館 大多喜城分館

けっこうおじいちゃんなかんじのうさぎが乗っかっています。遠目に見ると返しの部分の家紋が目玉みたいに見えますね。

出典:http://www.chiba-muse.or.jp/SONAN/kikaku/yoroi/usaginarip.htm

 

Helmet in the Shape of a Crouching Rabbit

[画像を拡大]

所蔵:メトロポリタン美術館

17世紀のもの。着用していた武将は不明です。しゃがみこんだうさぎの左右には波頭があしらわれていて因幡の白うさぎぽい。

出典:Helmet in the Shape of a Crouching Rabbit | Japanese | The Metropolitan Museum of Art

 

黒羅紗亀甲縫三枚胴具足

[画像を拡大]

個人蔵 福井県立歴史博物館保管
松平昌親(5代藩主)所用
兜はうさぎですが鎧は亀甲で、ウサギとカメが共存しています。2013年に福井市立郷土歴史博物館で開催された特別展「甲冑の美」で展示されていました。うさぎの顔に狂気を感じます。

 

出典:福井市立郷土歴史博物館

 

銀箔(ぎんぱく)押兎耳大角立物付兜

[画像を拡大]
1 2 3次のページ
Japaaanマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。