体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大丈夫? SNSで個人情報のダダ漏れ注意

デジタル・IT

世界中の人とコミュニケーションがとれる便利なツール「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」。しかし、使い方に気をつけないと、インターネット上で個人情報が丸裸になってしまう危険がある。

初期設定は要チェック。プライバシー保護は閲覧制限で

たとえば、まず、実名性が売りのSNS「Facebook」で考えてみよう。Facebookでまず確認したいのは、設定画面の「プライバシー」欄だ。初期設定では「公開(Facebook利用者でない人も含むすべての人))の状態になっており、ネット上のすべてのユーザーが、あなたのFacebook投稿をチェックできるようになっている。あなたの名前を知っている人が、あなたの名前をウェブブラウザで検索すると……一発でFacebookページがヒット。いつでもあなたのプライベートやコメントをチェックできてしまうのだ。友達のみ投稿が閲覧できるようにしたい場合は、「私のコンテンツを見ることができる人」の公開範囲を「友達(Facebookの友達)」に設定しておこう。そのほかにも、「プライバシー」欄には「私に連絡を取ることができる人」「私を検索できる人」の設定があるので、こちらも合わせて今どのような設定になっているか確認しておきたい。

ちなみに、過去に筆者は、こんなSNS体験をしたことがある。ある日、名刺交換をした取引相手がいきなり、私の目の前でスマートフォンを取り出し、何やら検索している……と思ったら、筆者のスマホがブルブル鳴り出す。目の前の取引相手がFacebookで申請してきたのだ。さらに、「は〜◯◯年生まれの◯◯出身なんですね! 趣味は……」と続けてくる。何だか恥ずかしいやら、怖いやら、冷や汗が出るやら、SNSのプライバシー保護の大切さを痛感した体験だった。TwitterやGoogle+も含めて、どのような設定で自分の投稿が公開されているのか、今一度しっかり確認してみよう。


Facebook設定画面の「プライバシー」欄。公開設定を「友達(Facebookの友達)」などに変更しよう


Twitterも注意。公開状態にすると、誰でもあなたのツイートを見ることができる。フォロワーのみにツイートを見せたい場合は、「ツイートの公開設定」の「ツイートを非公開にする」にチェックを入れよう


Google+は投稿時に共有設定を選べる。一般公開は、誰でも投稿をチェックできることを意味する

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会