ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピザ界に黒船登場!? 「800 Degrees」はお手ごろだけどラグジュアリー感たっぷり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新宿南口に現在建設中の「JR新宿ミライナタワー」。2016年春に完成予定の地上168mの超高層ビルです。
このミライナタワーには新宿で3つめとなるルミネをはじめ多くのテナントが入る予定ですが、その中でもひときわ注目されているのが『800 Degrees Neapolitan Pizzeria( 以下、800 Degrees)』!
800 Degreesは、高品質な食材を使った本格的なナポリピザをカジュアルに食べられるピザレストラン。
2012年にロサンゼルスに1号店をオープンして以降、アメリカで10店舗、ドバイに4店舗と、またたく間に規模を拡大した人気店で、来春オープンする新宿店がアジア新進出を果たすことになります。
800 Degreesの特徴はなんといっても3種類の生地、44種のトッピングから自分オリジナルのピザを注文できること。
1000人いれば1000通りのピザをカスタムオーダーすることが可能なのです! そんな800 Degreeをロサンゼルスでひと足先に食べてきました。

画期的なカウンターシステム


ロザンゼルスのリゾート都市、サンタモニカにある800 Degrees。

店内に入ってまず目にしたのは「START」の文字。まるでダンジョンの入り口、これからゲームがはじまるかのようなワクワク感に包まれます。
800 Degreesでは流れ作業的に生地やトッピングなどを選んでオーダーしていくカウンターシステムを取り入れていて、ゲーム内でアバターを作るように自分オリジナルのピザを作っていく仕組みなのです。
生地は「オリジナルナポリタン」と「クリスピー」、「グルテンフリー」の3種類。
炭水化物のイメージがあってダイエット中は敬遠しがちなピザですが、グルテンフリーを選ぶことができるなら気兼ねなく通えそう!

次に待ち構えるのはずら〜っと並ぶトッピングたち。野菜だけのベジタリアンピザにするもよし、ミートたっぷりの肉食系ピザにするもよし。
どのトッピングを何種類のっけるかもぜーんぶ自分次第!
「これ全部のっけてもいいの?」「もちろん!ピザを持つ手が折れちゃうかもしれないけどね」なんて会話を楽しみながらオーダーすると、次はいよいよ焼き上げです。

超高熱、800度の釜で一気に焼き上げる

800 Degrees Pizzaさん(@800degreespizza)が投稿した動画 – 2015 3月 14 7:17午後 PDT

800 Degreesの名前の由来にもなっているのが800度のピザ窯
800度の高温で一気に焼き上げることで、1枚のピザを90秒で焼くことができ、表面はカリッと、中はもちもちの食感を実現しているんだそう。
通常のピザ釜がだいたい400度ということから、いかに高熱であるかがわかります。
結構混んでいましたが、15分ほどで熱々の自分オリジナルピザが目の前に!

本格ナポリピザをお手ごろ価格で

オリジナルナポリタン生地にマリナーラベース、ケッパー、ソーセージ、ドライトマトトッピング。8.55ドル(約1,020円)

あらためて見ると、直径30cmは超えているピザの大きさに驚きます……食べきれるのかな(笑)?
その不安は食べはじめた途端に、払拭されました。生地が驚くほど薄いのです。
薄ければ薄いほどいいというナポリピザ、800 Degreesのピザは紛れもなく本格ナポリピッツァでした。
そして驚くのはその値段の安さ。
自分の好きなトッピングをしたピザが1枚あたり1000円程度で、サイドメニューにサラダやワインを頼んでも2人で3000円ほどでした。
素材にも作り方にもこだわった本格ナポリピザはとっても美味しく、自分へのお土産にトマトベースを購入してしまいました。

まったく新しい「ラグジュアリー×エフィシェンシー」

800 Degrees Pizzaさん(@800degreespizza)が投稿した写真 – 2015 10月 14 1:09午後 PDT

「800 Degreesは本物のレストラン以上に本物だ」と語る、創業者のアンソニー・キャロン氏。
その言葉に現れるように、ピザにはプレミアムな食材がふんだんに使われ、店内にはシャンデリアや大理石のテーブルなど豪華な内装が施されています。
ウェイターがオーダーを取ってくれたりワインを注いでくれる代わりにエンターテインメント化されたカウンターシステムがあるのに、お値段はお手ごろ。ゴージャスな店内で席に着けば落ち着いて食事をすることも可能です。
ラグジュアリーとエフィシェンシー(効率性)という相容れない2つの要素を見事に融合させた、現代人が本当に求めるリアルレストランとはこういう場所のことなのかもしれません。
2016年に日本に上陸する黒船たちの中でも大本命、すべてが新しい800 Degreesに期待です!


(グリッティ)記事関連リンク
2016年に日本上陸! ニューヨークで1番人気「シェイクシャック」は、ナチュラル志向系バーガー
2015年はどんな味? 一足先にボージョレ・ヌーヴォ―をリサーチ
もうそろそろ……「大人の飲みかた」はじめよう

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。