ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子ネコに恋してしまったゴリラが、もうメロメロ(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

gorillaandcat

カリフォルニア州「The Gorilla Foundation」で暮らす雌のローランドゴリラのココ。彼女の44回目の誕生日を記念して、飼育スタッフは子ネコをココにプレゼントすることにしました。

ゴリラが子猫2匹の
養母になった!

スクリーンショット 2015-10-20 19.01.26

平均寿命が40歳〜50歳といわれるゴリラ。ココも妊娠、出産するには、現実的に難しい年齢です。そこで、飼育員たちは彼女に代わりの赤ちゃんを授けることに。生まれたばかりのネコの赤ちゃんです。飼育員たちは、どの子がいいか、ココに選ばせることにしました。
直ぐに彼女はグレーのネコを気に入りました。優しく手で持ち上げると、グレーの子猫を胸に抱いてうっとり。いっぽう、子ネコの方は観念しきった様子で、完全に固まってしまっています。

スクリーンショット 2015-10-20 19.05.45

スクリーンショット 2015-10-20 18.57.34

さて、段ボール箱の中でココに熱し線を送る、キジ柄のネコがいました。自分よりも何倍も体格の大きなココが気になって仕方ない様子。こうして、ゴリラ1匹と2匹の子ネコの生活が始まったのです。
庭に出て遊んだり、子ネコを頭の上に乗せたり、まるで心が通い合っているように、何をするにも3匹一緒。もちろん、ココがネコたちを傷つけてしまうような心配はありません。ココには、可愛い2匹がまだか弱くて、大切な存在だということが理解できるから。なぜかって?ココは、世界で初めて手話を使い、人間との会話に成功した、類まれな知能と人間と同じ感情を持っているから。

「赤ちゃん」「ネコ」
手話で気持ちを伝える

スクリーンショット 2015-10-20 20.18.56

手話技術を身につけた最初のゴリラとして、世界に衝撃を与えたココ。すでに、「1,000を超える手話のサインと約2,000種類ほどの英単語を理解」でき、飼育スタッフとコミュニケーションをとり合えていると「The Telegraph」は伝えています。

スクリーンショット 2015-10-20 18.57.05
じつは、彼女には以前とっても仲良しになった子ネコがいました。ところが、子ネコは交通事故にあい亡くなってしまいます。その事実を手話で知らされたとき、ココは手話で悲しい胸の内を伝え、涙を流したそうです。手話ができるだけでなく、喜びや悲しみ、人間と同じ感情を持っている事実を世界に知らしめた瞬間でした。

スクリーンショット 2015-10-20 18.54.18

深い悲しみを経験し、ようやく心の傷が癒えたのでしょうね。今年の誕生日プレゼントは、どうやら彼女の心を再びメロメロにしているようですよ。

Reference:The Telegraph
Licensed material used with permission by The Gorilla Foundation

関連記事リンク(外部サイト)

「スイカ」の驚くべき7つの効能。夏の恋や、ダイエットにも効果アリ!?
【感動】貯水槽から出れなくなった犬。救ったのは人間ではなく・・・
「この発想はなかった」愛犬を100%カメラ目線にするアクセサリー

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。