体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

太っ腹価格で、太っ腹のボリューム! “たこや気分”を満たしてくれる、福岡の“たこやキング”

f:id:mesitsu_lb:20151013130554j:plain

県外では意外と知られていない!? 福岡のグルメ街

ライターの松鵜(マツウ)です。

今回ピックアップするのは、白金&高砂エリアの穴場。老舗、中堅、新店とどの層の店も充実していて、A級グルメでもB級グルメでも食いしん坊たちの欲望を満たしてくれるこの界隈。昼はお洒落な隠れ家レストランがマダムを迎え、夜は仕事終わりのスーツ族のオアシスのごとく、酒場に明かりが灯っています。

県外にその名は知れ渡っていないと思うけど、“食都”福岡のなかでもウマい店がひしめくこのエリアで食事を楽しむことを、近隣では“プラチナ飯”なんて言っているとか、いないとか!?

と、期待を煽りに煽ったうえで、オススメする店のジャンルが「たこ焼き」です。と言うと「ちぇっ、残念」なんて思う人もいるかもしれないから、あえて前置き。飲んだ後の〆にも、小腹が空いた時の救世主的おやつにも、技あり手土産にも、パーティの手軽な一品追加メニューとしても大満足な「(私的)福岡のたこやキング!!!!!!!!!!」でございます。誰かにオススメして「ウマい!」の一言をいただいた時には、片眉毛ピクリで口元ニヤリ、「だろ!?」てなもんですよ。

f:id:mesitsu_lb:20151013130559j:plain f:id:mesitsu_lb:20151013130607j:plain f:id:mesitsu_lb:20151013130611j:plain

場所は、白金エリアの南の端。直接この店を目指すならば、薬院駅よりも、その次の平尾駅からのほうが近いです。平尾駅を出たら、一本西を走る百年橋通りへ。「白金二丁目」の交差点を左折してすぐの交差点で右を振り向けば、「た」「こ」「や」「き」の提灯がそれぞれ風に揺れています。

f:id:mesitsu_lb:20151013130615j:plain

f:id:mesitsu_lb:20151013130618j:plain

サービス精神まっしぐら!!で一箱400円

店名は「蛸Fuji」。もともとは斜向いに店を構えていたのですが、3年ほど前に今の場所にお引っ越し。たばこ屋の居抜きで、「たばこ」の「ば」の字をタコのイラストで隠して「たこ」にした、洒落の効いた看板にも座布団一枚です。
そしてそして、ピンクの看板にドンと書かれた「たこ焼き」の文字の下に注目。はい、きました〜っ!!! お財布にっこり! 空きっ腹万歳!!の「14個入り400円」の文字。しかも、まるっと大ぶり。タコもごろんと入って、抜かりはございません。

f:id:mesitsu_lb:20151013130622j:plain f:id:mesitsu_lb:20151013130625j:plain

採算度外視の理由は「焼くのに時間がかかって迷惑をかけてしまうから、少しでも安く提供しています」だそうですが、なにをおっしゃいますやら、焼き時間の長さはおいしさを追求した結果じゃありませんか。

生地は熱の通し方で味が深まるもの。こんがりと焼かれているから外はカリッ。直接鉄板に触れていない部分はモチモチと伸びがあって、芯に近い部分はトロりと生地が溢れてきます。嗚呼、このリズムのある食感♪一口で頬張りたいところだけども、熱々をパクりといっちゃうとお口の中が大惨事になってしまうから、食べる側にもテクニックが必要。できるだけガブリを心がけつつ、熱で味が分からなくならないほどの絶妙の量だけ口に頬張り、ハフハフしながらホフホフしながらウマさを堪能。

1 2次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。