体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【革命】スマホで『チョロQ』を操作する時代キターーー! 充電は10秒でOK!

225dbb09649858fb1bad49b2bfad5c0d

iPhoneやAndroid端末で遠隔操作できる超小型RCカーを2回に渡ってご紹介紹介しよう。タカラトミーから発売されている「nanoblock motion チョロQ」はBluetooth接続で、スマートフォンから操作できるのがウリ。チョロQは35年前から発売されている自動車玩具で、筆者も小さいころ何台か持っていたので懐かしい。この製品は、本体は4×4×5mmの小さい「ナノブロック」で構成されており、自分で組み立てるのが特徴だ。

・ナノブロックのチョロQをスマホで操作するのは楽しいぞ!
お借りしたのは、2モデル。70ピース以上を使う「初代チョロQ」と270ピース以上を使うトランスフォーマー30周年記念モデル「トランスフォーマー コンボイ」だ。まずは、「組み立て説明書」を見ながら、ナノブロックを組み立てよう。アシスタントの女性に作ってもらったのだが、難易度5段階中もっとも簡単な一つ★の「初代チョロQ」を組み上げるのに、30分かかった。

ba9f4d3de9c2862fe012b42a8aac264a 62cff12586eb126fc158932cb9e0a451

・市販のナノブロック
組み立て説明書がシンプルなので、なかなか手間取っていたようだ。まぁ、少々間違えても走行性能に影響はないのだが。ちなみに、市販のナノブロックを利用して、ボディを作り替えることもできる。

・充電は10秒でOK! スマートフォンでチョロQを操作する
本体が完成したら、充電する。まず、充電台に単三電池を2本セットし、チョロQを載せる。すると、LEDが点灯し、数秒で暗くなり始める。最大10秒ほどでLEDが消えると、充電完了だ。最後に、本体裏のスイッチをボールペンの先などでオンにしておく。

a692209f9f0fa3448cf9f165afd90fcb 6258916e7bf8933a7004ce672bfd8333

・アプリを起動すると音楽が鳴る
続いて無料の操作アプリ「ナノチョロQ-nanoblock motion」をダウンロードする。アプリを起動すると音楽が鳴るので、静かなところで利用する際は音量に注意しよう。メイン画面で「プレイ」をタップするとBluetoothでチョロQの検索が始まる。接続が確立すると、操作画面が開く。

・机の上を勢いよく走り回って面白い!
操作画面左下のギアを上にスライドさせれば前進、下にスライドさせればバックとなる。ハンドルを回すと見た目よりも小回りが利き、くるくると転回できる。スピードはなかなか速いのだが、一直線に走らせるのは難しい。細かいハンドルさばきが必要だ。1~2分ほど走らせると、バッテリーが切れるが、充電台に10秒載せればまたフルチャージされる。

225dbb09649858fb1bad49b2bfad5c0d
1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy