ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

未開の地グンマーで新種の醤油発見!?ラベルはタバスコ…でもお味は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事柄全国あちこちに行く事があるのですが、時間があるとついやっているのが「道の駅」探訪。
道の駅といえば休憩はもちろん、地元の特産品が売られていることでも知られています。朝採り新鮮野菜に、地元企業が生産した加工食品、さらには地元ならではのお土産物までと様々。
でも時には「なにこれ!」と思わず声に出したくなる発見をすることも。

【関連:じゃ県、琵琶湖県、ふなっしー県……うどん県まね考案された都道府県名がカオス】

一瞬タバスコと見間違える『スパイシーしょうゆ』

今回はそんな「なにこれ!」発見の一つ、群馬県で見つけた『スパイシーしょうゆ』をご紹介。

群馬県は県土面積の3分の2にあたる42万5千haが森林。森林率は67%で、森林面積・森林率ともに関東一をほこります。そうした環境からか、いつのころからかネットでは「未開の地グンマー」と呼ばれているのです。しかも栃木県民と年中抗争してるとか、成人式はジャングルでバンジージャンプするとか色んな噂がささやかれていますが、グンマーの道の駅は入浴施設を併設していたり、子どもが遊べる施設を併設しているところがあるなど、実は立ち寄りがいのある道の駅が多い地域でもあるのです。

Google検索で「群馬」を画像検索した結果……

さて、この『スパイシーしょうゆ』。パッと見「タバスコ」にしか見えませんよね。でもよーく見ると「しょうゆ」とちゃんと書かれているんです。
最初見たとき「黒タバスコなんてあるんだー」と思ったのですが、「しょうゆ」の文字に気づき、「???」となってしまいました。でも偽物やパクリ商品ではなく、正真正銘の「タバスコブランド」の一つなのです。

■正真正銘のタバスコブランド

スパイシーしょうゆの製造元は、群馬県館林市にある明治6年創業の正田醤油株式会社。そしてこの商品は、タバスコの製造元であるマキルヘニー社と提携して生産されています。私が知らなかっただけで、平成6年から販売されているそうです。

■タバスコと日本の醤油がコラボした結果!!!

説明書きには「本醸造しょうゆをベースにしてスパイシーに仕上げました」とされていますが、さて実際のお味や?

―におい

封をあけるとまず醤油のいい香りが漂います。よくかいでみても漂うのは醤油ばかり。タバスコ臭は一切しませんし、あのツンとくる独特の感じもしません。

―色

色は濃すぎず薄すぎずの普通のお醤油。撮影用に指につけてたらしてみましたが、見た目本当に違いがありません。

―お味

いざ実食。一口なめてみたところ、先に来るのは深い味わいの醤油。でも少し遅れて舌先からピリピリ!とした辛さが伝わってきます。
もっとタバスコの主張が激しいかと思っていましたが、タバスコ特有のツンと来る感じや酸味もうまく溶け合って、ちゃんと「1つの商品」として完成していました。

■食べ方

正田醤油のHPでは、サラダのドレッシングとしての用途や、豆腐にかけて食べるなどが案内されています。確かにサラダ類にはあいそう。
でもやはりここは!日本人のソウルフード「卵かけごはん」で食べたい!ということで、早速ご飯を用意。

魚沼産コシヒカリの上に、1個約30円の卵をのせて……そこにスパイシーしょうゆをタラリ。

「うまぁぁぁぁぁぁぁ。」(昇天)

濃厚な卵黄と深い味わいの醤油がからみあい、後からピリリが追いかけてくる!文句なしに美味しかったです。小さいお子さんには向いてないと思いますが、大人の方ならば大丈夫。
ただ辛いといってもピリリとくる感覚なので、「辛い物好き」には物足りないかもしれません。でも個人的には買って悔い無し。

薄く切ったキュウリに絡めればちょっとしたおつまみに、お酢やオリーブオイルにまぜればドレッシングに、パスタにほんの数滴垂らすと少し刺激のある和風パスタに!アレコレためしたい料理が思い浮かびます。

なお、このスパイシーしょうゆは1本198円(税込)と割とお手頃。でもグンマーまで遠くていけないよ!という場合には、正田醤油のネット通販でも扱われているので、気になるかたはそちらからぜひどうぞ。

(文:宮崎美和子)

※「未開の地グンマーで新種の醤油発見!?ラベルはタバスコ…でもお味は?」はおたくま経済新聞で公開された投稿です

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP