ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

電池切れの心配なし!体温で発電できるエコな懐中電灯で災害に備えよう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Lumen

夜道を歩くとき、あるいは災害が起きたときのために、懐中電灯を自宅に配備している人も多いだろう。

・電池不要!体温で発電する懐中電灯

「いざ使おうとしたときに電池切れだった」なんていう事態に陥らないためには、「Lumen」という懐中電灯がオススメだ。

何と体温で点灯する仕組みで、電池を入れる必要は一切なく、永続使用ができるスグレモノの懐中電灯である。

・LEDライトを点灯させるのに十分な発電力

内部には小型の熱電発生装置(thermoelectric generator、TEG)が搭載されており、熱を電気エネルギーに変換し、5ミリメートルサイズのCree社のLEDを点灯させられるという。

体温と外気温の格差を利用し、例えば外気温28度のときには、15ミリアンペア、3ボルトのエネルギーを生み出す。これは、3000ミリカンデラのLEDを点灯させるに十分な量だ。

余った電力は、本体内部の蓄電器に保存されるので無駄がない。

・アルミニウム製、チタン製の2タイプ

Lumen2

「Lumen」の本体サイズは、 40x10x80ミリメートルで、アルミニウム製(重さ35グラム)、チタン製(重さ45グラム)の2タイプを用意。

これらの金属は、耐久性に優れているだけでなく、ヒートシンク(吸放熱材)としての役割も果たし、発電効率を上げることにも貢献している。

・Kickstarterで注目を集める

シンプルな機能ながらも、いざというときに備え、半永久的に使用できる「Lumen」は、外部電池を必要としないので環境にも優しい。

現在、クラウドファンディングKickstarterで資金調達中で、開催期間は残り24日、早くも目標金額の9倍以上の資金を集めている。

Lumen

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。