体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【傑作ゲーム探訪】第7回 1990年代の興奮が甦る!30代ホイホイ『インペリアル サガ』

本連載も久々の更新となりました。今回ご紹介するのはブラウザゲーム『インペリアル サガ』(略称・インサガ)。ヤフーゲームをプラットフォームに、スクウェア・エニックスが制作、運営するロールプレイングゲームです。

サガシリーズはゲームボーイソフト『魔界塔士Sa・Ga』を第1作とするシリーズですが、『インペリアル サガ』はスーパーファミコンソフト『ロマンシング サ・ガ』(略称・ロマサガ)三部作の要素を強く受け継いでいます。

ゲームのプレイヤーキャラクターは帝国の皇帝であり、劇中世界で年数が経過すると皇帝が代替わりするのですが、このシステムは『ロマンシング サ・ガ2』と同じです。

【関連:第6回 艦隊これくしょん~艦これ~】

登場キャラクターや地名もロマサガ三部作の顔触れ及び場所が多く、1990年代当時のイラストも多く使われています。世界の設定としては、(主に)スーファミのロマサガ三部作のパラレルワールドとなっています。
音楽や効果音もフィールドBGMや戦闘BGM等でスーファミのロマサガ三部作のものが幾つも使われており、何と音色まで当時と同じです。90年代の興奮が甦ります。

戦闘についても、ロマサガシリーズとの共通点を3点ご紹介します。
ロマサガシリーズでは戦闘中にキャラクターの頭上に「ピコーン!」と電球が出現し、新たな技を閃くのですが、インサガでもこのシステムは健在。新しい技を閃くのは嬉しいものです。下記に技を閃いた瞬間のスクリーンショットを掲載しますのでご覧ください。

豆電球01

2つ目はライフポイント(LP)です。ロマサガシリーズではキャラクターのヒットポイント(HP)が0になるとLPが1つ減り、LPが0になると死んでしまいます。インサガでもこのシステムは健在。ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』でもHPに当たる数値が0になるとパーティーから消えると話題になりましたが、インサガも「死んだら帰ってこない」という点で同様のシステムと言えます。

3つ目は陣形です。陣形とは、戦闘中におけるキャラクターの立ち位置で、陣形によってキャラクターの防御力や素早さ等が左右され、戦い方に幅が生まれます。インサガに登場する陣形はロマサガシリーズに登場した陣形と同じであり、ロマサガシリーズプレイヤーにとっては腕の見せどころとなっています。 

さてシステムの紹介はこれぐらいにして、ここからはインサガにおいてロマサガシリーズプレイヤーをニヤリとさせた名珍場面をご紹介していきたいと思います。

■ロマサガシリーズプレイヤーをニヤリとさせた名珍場面

その1、七英雄のグラフィック
インサガの過去の期間限定ステージにはロマサガ2の重要ボスキャラクターである七英雄がボスキャラクターとして登場する場面がありました。
この七英雄は、グラフィックはスーファミ時代とそっくりなのですが、何と戦闘中にアニメーションで動くのです!スーファミ時代は動かなかったので、動く七英雄を見た時は大いに盛り上がりました。下記に七英雄が動いている瞬間のスクリーンショットを掲載しますのでご覧ください。

ボクオーン01

因みにインサガでは七英雄が仲間になってしまいます。これも夢のような展開です。下記に七英雄が仲間になった時のスクリーンショットを掲載しますのでご覧ください。ほらほら、ロックブーケ可愛いだろ!

ロックブーケ01

その2、ゲッコ族
ロマサガ1にはゲッコ族という、知能を持ち言語を喋るトカゲの一族が登場しました。このゲッコ族が喋るゲッコ語は独特なもので、基本的には日本語と同じなのですが、「か」を「きゃ」、「が」を「ぎゃ」と発音します。
きゃつてインターネット上のロマサギャファンは、ゲッコ族いぎゃいの台詞もゲッコ語に翻訳する遊びをしていたものです。
そしてインサギャにもゲッコ族ぎゃ登場したのですぎゃ、あいきゃわらず、なつきゃしのゲッコ語を喋っているのです。きゃ記にゲッコ語を喋っている場面のスクリーンショットを掲載しますので、是非当時を思い出してお楽しみください。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy