ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高野山の魅力 五感をもって宇宙と繋がり心に充実感味わえる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 蓮の花びらのような8月の峰に囲まれた和歌山県・高野山。空海が作り上げた真言密教の根本道場には117の寺院があり、奥之院参道には織田信長や明智光秀、豊臣家など無数の墓石群が立ち並ぶ。1200年の歴史が刻み込まれたこの山の魅力を、高野山大学名誉教授・松長有慶氏が解説する。

 * * *
「一度参詣高野山、無始罪障道中滅」。高野参りを勧誘した古くからのキャッチフレーズである。一度そこに足を運べば、過去現在の憂いも悩みも消え、みんな満足して山を下るという。不思議な山だ。海抜九百メートルほどの山には、いたるところに千二百年の歴史が深く刻みこまれている。

 この山は下界を見下ろせない。ケーブルカーや車で登って山内に入っても、平地でさらに高い山々に囲まれている。山も人間も雲海の中にすっぽり包み込まれてしまう。千二百年の歴史の中で、失意の者も、相次ぐ戦乱の敗残者も、政治的な失格者も皆この山に逃れこんで、癒され蘇った。

 弘法大師・空海が今も見守る奥之院の参道には、宗派を問わず無数の墓石や記念碑が立ち並ぶ。歴史に名を残した武将・大名が、浮世の恩讐を超え、仲良く眠りについている。亡くなれば大師の膝元で安らかに、という信仰が千年を越えて庶民の間でも受け継がれてきた。こんな思いは一朝一夕に出来上がるものではない。

 空海はその生涯を閉じる少し前、高野山で万燈万花会(まんどうまんげえ)を開いた。その中の願文で、動植物を含め生きとし生けるもののすべての鎮魂を祈るとともに、この世に苦しみ悩む人が一人でもいる限り、自分は永遠に生き続けて救済に当たる、という途方もない約束を仏と交わした。

 かくして「大師は今もおわします」という入定信仰は人々の間で語り伝えられ、津々浦々で長く信じられてきた。このような僧は日本の仏教の歴史の中には見当たらない。癒しの地、救いの山の伝統は今も生きている。

 高野山には人生を蘇らせる儀式も用意されている。春秋の二期に伽藍の金堂で行なわれる、結縁灌頂がそれである。希望者はだれでも受けられる。

 目隠しされて、燈明だけが淡く輝く堂内に僧に手を引かれて導かれ、両手に挟んだ樒(しきみ)の葉を曼荼羅の上に落として、縁のある仏・菩薩と結ばれる。どんなに悩み苦しんでいても、スッパリと新しい人生を始める端緒となる。

 高野山は山の正倉院ともいわれる。古色豊かな仏像や仏具、それに貴重な文書も数多く所蔵されている。湿気を含んだ快い霊気が肌を刺す。高山特有の深紅の紅葉に囲まれ、声明や梵鐘の神秘的な響きが幽かに聞こえてくる。無限の空間に包まれて、永遠の時間が知らずに過ぎてゆく。頭で歴史の重みに気付き、五感をもって宇宙とつながり、心はいつにない充実感を味わいつつ、仏たちと別れを告げる。高野山はこんな山なのである。

撮影■永坂嘉光(ながさか・よしみつ):1948年、和歌山県高野山生まれ。1970年頃から高野山の撮影を開始。密教の源流を探るためアジア各地の取材を重ね、宗教と文化をテーマにした作品が国内外で高い評価を得ている。現在は大阪芸術大学教授。写真集『空海 千二百年の輝き』が発売中。

※週刊ポスト2015年10月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
鬼、河童、1400年前から伝わる人魚などのミイラは各地に現存
2児の母で3人目懐妊中の茶髪尼僧 「即身成仏」の意味を解説
ヒルナンデスで接近 関ジャニ∞村上が平愛梨と高野山デート

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP