ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

楽しみながらやる。丁寧な暮らしを実現する節約法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行いたいもの。

丁寧な暮らしを実現するための、節約法について考えてみました。

お家でご飯やお酒を
楽しむ生活へ

外食費やら交際費やら意外と外での外食はお金がかかるもの。ましてや外食が多い家庭などは、食費がかさんでしまいます。ちょっと外食の比率が高いなと感じたら、ちょっとずつでも家でご飯などを食べるようにするのが節約のコツ。

家でご飯を食べるといっても節約志向にとらわれて、安い食材だけでいつも同じように済ませるのは丁寧な暮らしとは言えません。外食するよりは自炊の方が出費は抑えられるので、どうせなら家族と料理作りを一緒に楽しんだり、新しい料理にチャレンジするなどしてもっと、家での食事を楽しみませんか?

宅飲みだって、ちょっとグラスを変えるだけで、もっと楽しくなるはずです。

何事も安いからと
いって良い訳ではない

ブランド品を買いあさったり、欲しいと思ったらすぐに買ってしまうのは考え物ですが、セール品などで我慢して本当に欲しいものを買えない生活は楽しくありませんよね。

実は、安いからと言って良いという訳ではありません。本当に良いものは、長い間使用することができます。長い目で見るとちょっとくらい高くても質の良いものなら、安いものを何度も買うよりも節約になるのです。

ちょっとくらい高くても、本当の自分が気に入ったものは自分へのご褒美だと思って買うのも良いのではないでしょうか。

家庭菜園やお菓子作りなど
趣味を節約につなげる

丁寧な暮らしを心がけるのであれば、節約も楽しみながら行いたいもの。節約につながるような趣味をもつことも1つの方法です。

例えば、家庭菜園。日々野菜の成長を楽しむことができますし、成長したら料理にも使うことができます。他にもハーブなどを育てれば、ティータイムや料理のちょっとした飾りつけにも使えて、食卓がより鮮やかに。また、お菓子作りなどの趣味もおすすめです。自分で作るお菓子なら無添加のものや低糖のものも自由に作れて健康にも良いですし、おもてなしにもなります。

掃除をして家が
すっきりすると心もキレイに

家が汚いと心もどんよりとしてしまいます。忙しい方は、毎日5分でも良いので掃除の時間をつくってあげることが大切です。

まず、毎日こまめに掃除をすると汚れが定期的に除去され、しつこい汚れというのが少なくなるので、後々の掃除の手間が省けます。さらに、掃除をすることによって、家に何があるのかも把握できる上、いらないものも出てくるはず。無駄な買い物を減らすことができますし、家電などいらないものをリサイクルショップなどで売ると思わぬ収入にもなります。

毎日気持ちよく過ごすためにも掃除は習慣にしたいものです。

他にもできる毎日が
楽しくなる節約法

ろうそくを使ってみる

電気代が気になるのであれば、ろうそくがおすすめ。ろうそくと言っても、今は香り付きのものから、おしゃれなものまであるので、ろうそくひとつで部屋をロマンチックに演出することも可能です。アロマオイルを使って、香りに癒されながらくつろぐのも良いですね。

公共施設を利用してみる

特に子どもがいる家庭などにおすすめなのが、無料で使える公共施設の利用。住んでいる地域によっては、無料でプラネタリウムや魚を見学することができる施設などもあるので、休日など活用したいものです。

ちょっとの工夫で、日々を楽しみながら節約をすることは可能です。節約を続けていくのなら、節約しているという意識を持たずに、楽しむことが大切。心に余裕ができ、毎日の生活がもっと楽しくなります。今までの生活をちょっとだけ変えて、丁寧な暮らしをしてみませんか。

関連記事リンク(外部サイト)

丁寧な暮らしを「一人暮らし」で実現するための5つの習慣
ウンチはそのまま大気圏に?NASAが公開した「宇宙飛行士の生活」が衝撃的
なぜ私たちは、裸で生活すべきなのか?科学的に解明!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP