体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こんなに売ってるの! 土地柄を反映するコンビニの地ビール事情をレポ

f:id:uralatokyo:20151007132309j:plain

会社の隣にあるコンビニでランチ調達、最寄り駅から自宅までの途上にあるコンビニでビールとつまみ(あるいは夕食とデザート)を購入、ジャンプ(マガジン派もいるでしょう)入手のために定期的に来店……こんな風に、コンビニを定期的に利用している人は結構な数になると思います。

普段あまり意識していなくてもカウントしてみると「1週間で4回も行ってた」などと、改めて気づく人もいるかもしれません。

しかし、筆者はコンビニを利用する機会が滅多にありません。出先で飲み物を買うくらい。

だから先日、近所のローソンのアルコール売り場で、何種類ものビールが売られている中にキリン、アサヒ、サッポロ、サントリーの4大ビールメーカーではない地ビールが置かれていることに、本当にびっくりしたんですよ。売り場面積に限りがあるコンビニは、どんな商品を仕入れるかが店の売り上げを大きく左右するはず。地ビールを置いているということは、そこに需要があるからでしょうが、実際のところ、何種類置いてあるの?

というわけで、そのコンビニで売られていた4大メーカー以外のビールを買ってみました。

どーん

f:id:uralatokyo:20151007130005j:plain

ヤッホーブルーイング勢が強い! よなよなエール、水曜日のネコ、インドの青鬼と、3種類も置かれていました。

f:id:uralatokyo:20151007131835j:plain

わが家周辺では成城石井でしか買えなかった、よなよなエールたち。今や駅前のスーパーでも何種類も扱っているし、こうしてコンビニでも売られるようになったとは。味のよさ、ラベルデザイン、営業の頑張りなど、企業努力の勝利といったところでしょうか。

次はこれ。

f:id:uralatokyo:20151007132150j:plain

銀河高原小麦のビール、エチゴビール、オリオンビール。

いずれも4大メーカー以外では知名度の高いビールです。沖縄ではナンバー1のシェアを誇るオリオンビールは、2002年にアサヒビールと提携したことで沖縄県外へのシェアが拡大、こうしてコンビニにも置かれるようになりました。

個人的には沖縄の風土や気候に合ったオリオンビールは沖縄で飲むのがいちばんおいしく感じますが、本州で飲んでもちゃんとおいしいです。

銀河高原ビールは早くから販売ルートの拡大に力を入れていたのか、あるいは麦芽・水・ホップのみの原材料で造るこだわりが指示されているのか、比較的目にする機会が多いイメージがあります。そのため、コンビニに置かれていてもまったく違和感がありませんでした。

1 2次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。