ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

顔を30秒当てるだけ!?夢の“自動メイクアップガジェット”がすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性にとって、メイクは身だしなみの1つ。だが、時間もスキルも必要で、ついつい手を抜いてしまいがち。

そんな悩みに応えて、短時間で理想の化粧を施してくれる、夢のような“自動メイクアップガジェット”が開発されている。

・世界初のデジタルメーキャップデバイス

Foreoが手がける世界初のデジタルメイクアップツール「MODA」は顔スキャニング、3Dプリントの技術を組み合わせたもの。

好きなメイクをアプリなどから選び、「MODA」に顔を当てれば、わずか30秒でメイクが完了するという。

・顔情報を自動分析

「MODA」は、ユーザーの顔をスキャンし、リアルタイムで顔面の幾何学情報を構成していく。

この情報をもとに、“顔マッピング”ソフトウェアと生体レンズを用いて、肌のトーンや顔の形となどを分析し、各ユーザーに合ったメイクを施してくれるのだ。

2000以上のノズルから、40ミクロンの細かいメーク素材の粒子が噴出され、決められた場所に彩色していくという仕組みだ。

・アプリで簡単に操作

使用方法はいたってシンプル。ユーザーはまず、なりたいメイクスタイルを「MODA」のイメージライブラリや、インターネットの画像から選んで設定する。また、アプリがユーザーの顔の特徴に合ったメイクをおすすめする機能もある。

設定したメイクは、あらかじめプレビューで仕上がりを確認できるので、後で“似合わなかった”なんてこともなさそう。


デバイス内に顔をセットしてスタートすると、まず紫外線カットなどの下地が塗布され、次にファンデーションやハイライトが、最後にアイカラーやチーク、口紅が施されるという流れだ。

・FDA認可の成分なので安心

なお、「MODA」に使われているミネラルインクは、米国食品医薬品局(FDA)が認可しているもので、自然で長持ち、低アレルギー性だというから安心。

今のところ具体的な販売情報は出ておらず、実力のほどは未知数だが、近い将来コスメ業界に革命を起こすことになるかもしれない。

MODA

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP