ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冷え性撃退! 温活のすすめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

手足の冷えが気になってくる季節、冷え性に悩む人も多いでしょう。朝や夕方に指先などが冷える、疲れがなかなか抜けない、風邪を引きやすいといった症状に心当たりがある人は、冷えが原因であるケースが多く見られます。とりわけ、女性の場合は健康と美容のために、体は常に温めておくことが大切。日常の食事で意識して体を温めるための、「温活」のポイントを紹介します。

朝は体温より温かいものを飲む

熱中症が心配される夏ならまだしも、秋冬の季節に摂る冷たい飲み物は、体の冷えに直結します。朝晩に寒さを感じるようになったら、毎日の食事ではホットドリンクを飲むようにしましょう。朝の目覚めの一杯は、体を温めるしょうが紅茶やしょうが入りの葛湯、スパイスティーなどがおすすめ。しょうが、シナモン、トウガラシなど、体を温めて代謝をアップさせる食材を積極的に取り入れることで、脂肪が燃えやすい体になります。

洋食派は紅茶やポタージュ、コーンスープにシナモンやしょうがを加えてちょっぴりスパイシーに、和食派の人は味噌汁にすりおろししょうがを加えるのが手軽でおすすめ。ぜひ朝の習慣にしてください。

根菜、ラム、チキンを食べる

鶏肉と羊肉には内臓を温めてくれる嬉しい効果があります。ポトフやスープなどの煮込み料理や鍋にすれば、消化もよく温め効果もさらにアップするはず。

また、れんこん、ごぼう、にんじん、里芋、さつまいもなどの秋冬に旬を迎える根菜類にも体を温める作用があります。これらの野菜は水分が少なく、血行促進効果のあるビタミンEや、たんぱく質の働きを助けて体温をキープするミネラルが多く含まれているのが特徴です。
食生活をちょっと見直すだけでも、体を温める「温活」は始められます。さっそく今日からの食事に取り入れていきましょう。(TEXT:料理サプリ編集部)

おすすめのレシピ

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP