ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

森本稀哲 野球人生変えた新庄の欠場と運命の一打を振り返る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北海道日本ハムファイターズ時代に、2006年の日本一と3度のリーグ優勝に貢献。主にリードオフマンとして活躍した森本稀哲(ひちょり)外野手(34)は、パフォーマンスでも多くのファンを魅了した。横浜、西武へと移籍後も変わらずファンから愛され、34歳での早すぎる引退を惜しむ声は大きい。だが、本人は「ここが辞めるタイミングだった」と語る。

「今年4月3日のソフトバンク戦です。代打で出た僕はサファテ投手の150キロの直球を完璧にとらえた。センターに抜けた、と思ったヒット性の当たりが、サファテの右膝を直撃し凡打に。挙句、彼に怪我を負わせてしまった。

 少ないチャンスを確実に生かしてきたのが僕の野球人生です。その後も体調は良いのに結果が付いてこない。もう次の人生を頑張った方がいいんじゃないの? という“導き”だと感じたのです」(森本、以下「」内同)

 森本は「自分の野球人生と運は切り離せない」と考えていた。

 チャンスを掴んだのは、2006年3月29日のロッテ戦。当時の日本ハムには新庄剛志、稲葉篤紀、坪井智哉という鉄壁の外野陣が揃っていたが、そこに割って入る形でスタメンに抜擢され、3安打の活躍を見せた。

「今だから言えるんですけど、試合当日に新庄さんが“出ない”って言い出して僕にお鉢が回ってきた。“お前にチャンスをやるためだ”って言っていましたが、対戦相手の渡辺俊介投手のアンダースローが苦手だったようです(笑い)。

 新庄さんに“今日はお前の野球人生の中で最も大事な日だ。打てなければ家族が殺されると思え!”とまで言われて臨んだ試合で、3安打。とくに忘れられないのが、最終回のレフトオーバー。これがヒルマン監督に強い印象を与えて、そこからスタメンで使ってもらえるようになった。運命を変えた一打でした」

●森本稀哲(もりもと・ひちょり)/1981年東京都生まれ。1998年、帝京高校からドラフト4位で日本ハムファイターズに入団。横浜を経て西武へ移籍。ベストナイン1回、ゴールデングラブ賞3回。通算成績は3497打数904安打、打率.259、打点267、本塁打33本。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年10月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
郷土愛溢れる日本独特の野球文化を全都道府県別に分析した本
ソフトバンク秋山監督 大胆采配のルーツは高校時代の被弾
中日に15年所属した落合GM マスコミの「外様」報道に不満

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。