ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SNSのマナー メールやLINEを送る時間は9~22時とIT専門家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「最新版のマナー本には、必ずSNSに関するマナーの項目が追加されています」と語るのは、SNSコミュニケーションや情報モラルに詳しいITジャーナリストの高橋暁子さん(以下、「」内同)。

「ビジネスの場合には、会社に損害を与えない守秘義務、仕事上の人間関係を円滑にするためのマナーなど、禁止事項が中心。これに対してプライベートで利用するSNSの場合は、お互いに気持ちよく接し、個人情報を守ることが中心です。嫌われず、好感度を下げないためのベターな方法が、マナーになっていることが多いと思います」

 SNSでは、過度な期待による誤解から、トラブルを招くケースが多いそう。無用な炎上騒ぎを起こさないためにも、以下のマナーは身につけて。

Q:メールやLINEは送る時間を気にした方がいい?

A:9時から22時前が目安です

 送信側にとっては便利でも、受信側には迷惑なこともある。

「携帯やスマホを枕元に置いている人は多いもの。電源を切り忘れたため、深夜の着信音で目覚めてしまうことも。お互いの生活時間帯がわかるまでは、電話をかけても失礼でない時間帯を目安に送って」。

Q:謝罪の言葉を残しておきたい場合、メールにするべき?

A:直接会って顔を見て伝えるのがベターです

 こちら側の誠意がもっとも伝わるのは、対面での謝罪。直接会うのが難しい場合は、取り急ぎの状況を伝えるために、電話をかけよう。

「電話は、声のトーンによって、気持ちが伝わりやすいもの。メールを送ることもありますが、あくまでもメールは応急処置。その後で、直接に対面する機会を儲けて、気持ちを伝えましょう。情報伝達方法によって、気持ちの伝えかたの丁寧さは決まります。下の表を参考に、謝る時ほど誠意を持って対応しましょう」。

Q:最近、お姑さんがLINEを始めたのですが、子供へのプレゼントのお礼もLINEでOK?

A:まずは電話で声のお礼を

 写真を一緒に送ることができるLINEやメールは便利ですが、孫の声という最強ツールを使わないのは損!

「声の情報は、文字以上に感謝の気持ちが伝わりやすいんです。読んでもらうのを待つ文字情報より、ダイレクトにつながる電話で、まずはお礼を言いましょう。メールやLINEで写真を送る場合は、電話でその旨を伝えた後で、送信するといいでしょう」

※女性セブン2015年10月22・29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香取慎吾と学ぶマナー 上司へのメールに「!」「…」はOK?
【キャラビズム】今の日本、挨拶してくれるのは自動販売機だけ
SNSマナー 食事会での集合写真投稿タグ付けも相手に確認を

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。