ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

時速160kmのボールを真っ二つにする「平成の侍」(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これから紹介するのは、とあるバッティングセンターに舞い降りた、平成の侍の勇姿。なんと、時速160kmの速球を、居合い斬りで真っ二つにしようというのです!
ボールの発射地点から立ち位置までの距離は9.22m。果たして、本当にそんなことが可能なのでしょうか?

勝負は3球目。まず1球目は、直立したまま球筋を見極めます。

続く2球目は、やや腰を落としたうえで球筋を確認。“斬るイメージ”はばっちりでしょうか…。

いざ、勝負。ついに注目の3球目が放たれました!果たして、この戦いの行方やいかに!?

勝負は一瞬でつきました。

ボールは、見事に真っ二つ!スピードガン表示は、なんと161kmです!

この侍の正体は、町井勲氏。以前にも、あるCMでエビフライを居合い斬りし、国内外で大きな話題となった人物です。普段は、自身の設立した居合道場『修心館』にて「居合術」の指導を行っているのだそう。

それでは、最後に先ほどの映像をスローでどうぞ。その姿、まさに“必殺仕事人”です!

 Licensed material used with permission by 株式会社 oricon ME

関連記事リンク(外部サイト)

ヤマト運輸の新しい社員「クロネコ」が、めちゃめちゃ仕事ができるらしい(動画あり)
サンマの肝をめちゃくちゃ気持ちよく取る方法(動画あり)
炊飯器でつくる「焼かない焼き芋」が激ウマらしい・・・(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP