ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本初のグランピングリゾート、「星のや富士」の全貌がついに公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1.メイン使用をお願いします→星のや富士焚き火BAR_R

世界中どこを旅しても、その国を代表する美しい地には、最高の時間を提供するリゾートが存在するものです。日本もまた然り。中でも「星のや」はその代表格ではないでしょうか。
今回は、先日詳細が明らかとなった「星のや富士」をご紹介します。

1.メイン使用をお願いします→星のや富士焚き火BAR_Rこの施設は、山梨県南都留郡富士河口湖町に、2015年10月30日(金)開業予定。日本初のグランピングリゾートとして、注目度を高めています。
ちなみに、グランピングとは、「glamorous」と「camping」から成る造語。簡単にいうと、リゾートが提供する“贅沢なアウトドア体験”といったところでしょうか。

3.クラウドテラス_木漏れ日デッキ_R8.キャビン内観1_R4.メインダイニングディナー料理星のや富士_R6ヘクタールの広大な森の中に、大自然と触れ合える心地よいリゾート空間をデザイン。河口湖を眼下に望み、一年中快適に過ごせる客室やアウトドアを感じる料理の数々が楽しめます。

24.森の珈琲店_R5.空中ベンチ_R6.焚火BAR_R19山麓燻製づくり_R朝だけオープンする淹れたて珈琲の「森の珈琲店」や森の風が心地よい「空中ベンチ」、火を囲み、語らいの時間を過ごす「焚き火BAR」、専属シェフとともにつくる「山麓の燻製づくり」などグランピングの醍醐味が満載。

2.キャビン外観_R7.グランピングイメージ1_Rスコープのようなキャビンから楽しめるのは、四季折々の風景。春には満開の桜、新緑から緑が濃さを増し、紅葉の景色へ。やがて、真白き雪の山々。
個性豊かな全40室は、テラスでも薪ストーブが暖かい「S Cabin」、ソファや浴室から雄大なパノラマを臨む「D Cabin」、ファミリーで賑やかに過ごせる「F Cabin」、二人でグランピングを楽しむのに最適な「T Cabin」が用意されているので、利用シーンに合わせた使い分けができるのも嬉しいですね!

Licensed material used with permission by 株式会社星野リゾート

関連記事リンク(外部サイト)

ここ、日本です。まさかの「発泡スチロールでできたホテル」が美しすぎると話題に!
蜷川実花がデザインした「新幹線」。移動時間が最高に楽しくなりそう!
島民16人!猫100匹以上!猫好きの天国「青島」で遊び尽くしてみた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。