ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】米津玄師、3rdアルバムまでのアルバム売上げ推移

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月19日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”では、米津玄師の3rdアルバム『Bremen』が同チャートで自身初となる1位を獲得。今作は前アルバム『YANKEE』よりもリリース初週売上げを大きく伸ばしての首位となった。

 『Bremen』は、「アンビリーバーズ」「Flowerwall」などのシングル曲を含む全14曲を収録している作品で、リリース初週に5.3万枚を売り上げた。画集盤、映像盤、通常盤の3形態でリリースされ、もっとも売上げを伸ばしたのは米津自身の描き下ろしイラストが収められた画集盤だ。ファンは音楽はもちろんのこと、その多彩な才能に魅了されているのであろう。

 前述の通り、今作は3rdアルバムにして同チャートで初の1位となった作品だ。SoundScan Japanのセールスデータから過去アルバム2作品の売上げを抽出すると下記のようになる。

2012/05/16 1stアルバム『diorama』2.6万枚
2014/04/23 2ndアルバム『YANKEE』3.2万枚
2015/10/07 3rdアルバム『Bremen』5.3万枚

 前作リリースから約1年半の間で、2.1万枚もセールスを伸ばした結果となった。前アルバムリリースから今作リリースまでの間に、全国7大都市ツアーや各地の夏フェスに参加するなど精力的にライブを行ったことや「アンビリーバーズ」「Flowerwall」がCMタイアップに起用されたことで新たなファンを獲得したと考えられる。

関連記事リンク(外部サイト)

【CHART insight of insight】ジャネット・ジャクソンがJ-POPと渡り合えるのはなぜか?
米津玄師がビルボードチャート初制覇、安室奈美恵×初音ミクの強力コラボMV、ゲス極。ほかライブレポなど:今週の邦楽まとめニュース
5SOS、アイスエイジ、ジ・インターネット、アルカ…今後の注目ライブ&リリース:今週の洋楽まとめニュース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。