ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【カナダ】もちろん走行可能! スチームパンクな「ロブスターバイク」はいかが?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


愛すべきクレイジーな国、カナダのニューブランズウィック州にいるアーティストが、「マッドマックス」的であって「リトル・マーメイド」的でもある改造バイクを制作した。
そんな改造バイクを作ったのはレザーアーティストのティモシー・リチャードさん。10年前にレザー加工に魅了され、それからアーティストを続けているとか。

この“Lobster roll”を作るために3体分の牛革を使用。材料費は2,000ドル(約24万円)の大作は173時間で完成したそう。
バイクはハーレー・ダビッドソンの流れを汲むスポーツバイクのメーカー、ビューエルの“ブラスト”500cc。特徴的の1対の小さなヘッドライトをロブスターの眼に見立て、装着したバイクは走行も可能だという。
販売価格は6,000ドル(バイク含まず)を予定。日本の車検に通るかどうかは未知数なのであしからず。
<photo by Shelley Steeves/Global News>

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【動物動画】バイクの乗り方が慣れすぎている犬
オランダで大人気!飲酒運転で捕まらない「ビールバイク」
【中国】中国での鉄則!?「青信号を渡るのもご用心」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。