ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

種を越えた絆に感動!子猫を育てるゴリラが話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カリフォルニアに暮らすゴリラのKokoは、手話を理解することで有名だ。

生後すぐに発達心理学者であるFrancine Pattersonさんと出会ったKokoは手話を学び、44歳になった今では2000の単語を理解し、会話もできる。

そんなKokoについ最近、新しい家族ができた!

それが誕生日のプレゼントとして贈られた子猫、Ms.glayとMs.Blackだ。

2匹もすっかりKokoになつき、親子同然。

手話を使って、「子猫を頭にのせて」とおねだりし、さっそくはしゃいでいる様子。

実はKokoが猫を育てるのは初めてではない。

以前、All Ballという猫を育てていた。

最初は飼育員もゴリラに猫を育てることはできないと考えたが、KokoはしっかりとAll Ballの面倒を見た。

ところがAll Ballは車にはねられ、死んでしまい、Kokoは涙を流して悲しみ続けたという。

そんな心の傷も、新しい命が癒してくれるようで、現在Kokoはまるで母親のように2匹の子猫の面倒を見ている。

愛情で結ばれた異種間のちょっとかわったファミリーは、見ているだけでも私たちを笑顔にしてくれる。

動画も公開されているので、ぜひ実際の様子をチェックしてみて。

Koko.org
http://www.koko.org/

動物(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP