ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グレイトフル・デッドのオリジナル・ベーシスト、膀胱がんのため手術へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 グレイトフル・デッドのベーシストであるフィル・レッシュが、膀胱がんと診断されたことをカリフォルニア州サンラフェルに所有する自身のレストラン兼イベント会場、Terrapin CrossroadsのFacebookページにて明らかにした。

 レッシュは現在、アリゾナ州スコッツデールにあるメイヨー・クリニック病院で治療を受けており、いずれは腫瘍を除去し完治する見込みだという。

 10月17日に投稿されたメッセージには、「私は10月初旬に膀胱がんと診断され、スコッツデールにあるメイヨー・クリニックで数週間入院して検査を受けており、この先、手術で腫瘍を切除します。とても幸いなことに、病理報告書が示すには腫瘍は全て悪性ではなく、転移の兆候も見られませんでした」、「地元の医者Cliff Sewell氏とメイヨー・クリニックの優秀なチームのおかげで全てがうまく行っており、手術後2週間で普段の生活に戻れます」などと綴られている。

 レッシュは2006年に前立腺がんを患っている。

 なお、この診断結果を受けて、10月24・25日にTerrapin Crossroadsで予定していた自身のグループ、Phil Lesh&Friendsのクリス・ロビンソンとのショーは中止されている。日程は再調整され、チケットの払い戻しに関する情報はまもなく発表するとのことだ。

 レッシュは夏にグレイトフル・デッドの【Fare Thee Well】コンサートに参加していたが、ジョン・メイヤーとのグループ、デッド&カンパニーのツアーには参加しないことを決めている。

関連記事リンク(外部サイト)

5SOS、アイスエイジ、ジ・インターネット、アルカ…今後の注目ライブ&リリース:今週の洋楽まとめニュース
ジェーン・バーキンの娘としても知られるルー・ドワイヨン、待望の2ndアルバムが遂に完成
『ザ・ビートルズ1』特集をYAHOO! JAPANにてスタート 投票やプレゼントも

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP