ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブルース・スプリングスティーンの名盤『明日なき暴走』を生んだ家が売りに出される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ブルース・スプリングスティーンが名盤『明日なき暴走(Born to Run)』の曲を書いたニュージャージーの海岸に建つ家が、再び売りに出されることになった。

 ニュージャージー州ロングブランチの7 1/2ウェスト・エンド・コートに位置し、2つのベッドルームを擁する同コテージは、現在はスプリングスティーンのファン3人が所有している。彼らはこれをニュージャージー出身の同ロック・レジェンドの記念館に変えるといったアイデアのもと、2009年に購入したものの、計画が崩れたそうだ。

 ブルース・スプリングスティーンは、タイトル曲や「涙のサンダーロード(Thunder Road)」、「ジャングルランド」といった名曲をふくめ、アルバム『明日なき暴走』に収録された全ての曲を1974年から1975年まで住んでいたこの家で書いたと話している。

 時々ファン達が訪れるというこの家には、29万9,000ドル(約3,600万円)の値が付けられている。

関連記事リンク(外部サイト)

5SOS、アイスエイジ、ジ・インターネット、アルカ…今後の注目ライブ&リリース:今週の洋楽まとめニュース
ジェーン・バーキンの娘としても知られるルー・ドワイヨン、待望の2ndアルバムが遂に完成
『ザ・ビートルズ1』特集をYAHOO! JAPANにてスタート 投票やプレゼントも

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP