ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蕎麦屋でラーメン!? 替え玉もOK!? 実力派だからこそ「まとめて面倒見ちゃるバイ!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


蕎麦屋でラーメン!?

ライターの松鵜です。突然ですが、「腹減った〜」からのラーメンスイッチON! ってことでやってきました、ウマい!と評判の蕎麦屋さん。

、、、、、ん、蕎麦屋!?

アララ、おいらのおトボケさん(頭をコツンっ)。地図を見間違えたかな?と、気を取り直してラーメン屋にGO!っっと、、、「ん? アレアレ?」ちょっと待ってよプレイバック、プレイバック。やっぱり目的の店はこの蕎麦屋さんで間違いないぞ。

と、外のショウウィンドウを疑いつつも覗いてみると、テケテテッテッテ〜♬ ありました!!『ラーメン』!!!!!!!!!!

な〜んて、初めて訪れた人の気持ちになって前振り茶番劇を繰り広げちゃいましたが、実はこの店、某バラエティ番組の人気コーナーで「蕎麦屋なのに、ラーメンが旨い店」として紹介されたことがある有名店なんです。しかも三ツ星を獲得! 店にはその時に贈られた認定証が飾られてあります。

古さとモダンさが混ざったような外観・店内

『そば処 まさや』といえば、創業50余年の老舗。サラリーマンや学生、ファミリーなど、老若男女を問わず福岡っ子の舌と胃袋を満たしつづけています。店があるのは福岡の中心街・薬院。天神からもさほど遠くないので、バスを利用する人も多いかと思いますが、初めての人は「地下鉄七隈線 薬院大通駅」からが分かりやすいかも。1番出口を背に左(西)へ向かい「南薬院」の交差点を目印に右折。二つ目の角に“THE蕎麦屋”たる風情の建物を見つけることができるはずです。

看板に書かれた「そば処 まさや」のイカした文字に目を引かれますが、このロゴマークは、昭和から受け継がれし年代物だそう。時代を先行くセンスを感じますね。「おぉぉぉぉ!」暖簾の印もかっちょええ〜。

箱崎(という地域)から移転してから40余年。時間を重ねてきたがゆえの趣はありつつも、店内は常に清潔でピッカピカです。まっ赤なテーブルが印象的で、古さとモダンさが混ざったような気配がたまりません。この店ならではの独特な感性がビンビンと伝わってきて、“蕎麦屋でラーメン”の発想もなんだか頷けます。

現在は、二代目の宮原浩二さんが料理の腕を振るい、奥様であり初代の娘さんでもある佳世さんが、持ち前の元気でホールに活気を加えています。それにしても、浩二さんも佳世さんもニコニコ、ニコニコ(笑)、スタッフの皆さんもニコニコ、ニコニコ(笑)、つられてお客さんもニコニコ、ニコニコ(笑)。この人間味が素敵ですね。


あっさり&スッキリな、鶏ガラスープのラーメン

いくらラーメンが人気とはいえ、店の“顔”はやはり蕎麦。まずは、このおいしさからレポートします。

おいしさの源は蕎麦粉。品質をよく吟味し、北海道産ほか国産の蕎麦粉を使用しているそうです。そして気候や蕎麦粉の状態に合わせて、つなぎの量を微調整。キレのある喉越しが食味に心地よさを加えてくれます。

『ざるそば(575円〜)』なら、甘くて丸みのあるつゆでズズッと蕎麦の香りを楽しんで。温かい蕎麦(525円〜)なら、数種類の削り節から取った出汁の、そのふくよかな余韻に浸れます。

「透明感のある蕎麦を目指しています」と言われるだけあって、後味のクリアさも印象的。「おっ、これは好み♪」と、通ぶった私の舌も喜びます。

そしてお次は、やっぱり気になるラーメン(575円)について。とその前に、ちょいと前置き。何もリサーチせずに注文すると、「ややっ、これは!?」となっちゃうので、予めお見知り置きを。そう、こちらのラーメンは豚骨王国博多にありながら非豚骨系。あっさり&スッキリな、鶏ガラスープのラーメンなのでございます。

とはいえ、奇を衒ったわけではございません。「胃が疲れていても、スッと食べやすいように」という初代の気持ちから生まれた一品らしく、50年以上に渡り、この店の定番メニューとして愛され続けています。

大量の若鶏の関節部分を、5時間コトコト。チャーシューを醤油で炊いた汁と合わせて、コクがあるスープに仕上げるそうです。昆布の旨味を加えるのも、蕎麦屋らしいアクセント。麺は博多らしい細麺で、さっぱりスープでも良く絡みます。「では、いただきます!」とスープをすすると、意外にも濃厚でしっかりパンチがある味わい。だけどもクドさはなくて、滋味深いスープが胃に染み渡っていきます。言うなれば、1発KOの重みがズドンとくるのではなく、質の良いパンチが後からじわじわと効いてくるといった感じ。「嗚呼、旨し!」と、器を置く間もなく、思わず飲み干してしまいます。

もちろん、替え玉もOK。好みに合わせて、「カタ(固麺)」「バリカタ(もっと固麺)」などのオーダーも飛び交っています。もりもり食べたい人は『唐揚げ(単品380円)』と白飯&漬け物がついた850円セットをぜひ。唐揚げも美味で、いやはや、隙がないッス♪。


お店情報

そば処 まさや
住所:福岡市中央区薬院2-10-1
電話:092-781-3697
営業:11:00〜20:00
定休日:日祝日


書いた人:
マツータケシ

福岡在住.。某出版社を経て、フリーのカメラマン&ライターとして活動中。好きな言葉は「一日三度のメシ」。福岡の安くてうまい穴場を発掘することにはまっている。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。