ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今さら聞けない・・・90秒でわかる「マイナンバー制度」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、何かと耳にする「マイナンバー制度」。その概要、あなたはきちんと理解していますか?制度が導入されると、私たちの暮らしは、一体どのように変化するのでしょう?
今回は、まだ詳細を知らない人のために、90秒で理解できるアニメーションをご紹介。丁寧に解説されているので、スッと頭に入ってくるはず!

そもそも、マイナンバー制度とは、国民全員に個別の番号をつけ、さまざまな手続きを効率化させるためのものです。

個人には12桁の個人番号が、

法人には13桁の法人番号が通知されます。

郵送された通知カードは、マイナンバーカードにアップグレードすると身分証明書として使用可能に。ただし、番号は簡単に他人に教えてはいけません。

マイナンバーは、個人情報よりも上の「特定個人情報」。

行政機関だけでなく、民間企業にも適正な取り扱いが求められ、法律で定められた範囲以外での利用は禁止。税金や保険の手続きに必要になるので、会社勤めの人は、会社が番号を集めることになります。

将来的に、利用用途は拡大予定。たとえば、メタボ検診と公共料金の支払いを、一緒に手続きすることなどもできるのだそう。

また、マイナポータルという政府のサイトで、自分のマイナンバーの記録を確認することも可。

つまり、一つの番号でいろいろな手続きが管理できるため、暮らしが効率化されると見込まれているのです。制度の運用開始は、2016年1月の予定。

この動画は、クラウド会計ソフトシェアNo.1 の「クラウド会計ソフト freee」と「クラウド給与計算ソフト freee」を提供している企業、freeeが制作したもの(出展:http://www.freee.co.jp/my-number)。同社は、「マイナンバー管理 freee」も運営しており、低価格ですべてのプロセスがクラウド上で完結する点が、高い評価を受けているのだとか。

マイナンバーを記載した「通知カード」は、2015年10月5日時点で登録されている住所に、10月中旬から11月にかけて郵送されます。間もなく始まる制度だけに、その内容は以下の動画でもう一度確認しておきましょう。

Licensed material used with permission by freee

関連記事リンク(外部サイト)

「アレ」を使うだけで!洗濯槽の汚れがごっそり落ちる(動画あり)
「ビール」でごはんを炊いたら絶品だった。(動画あり)
【裏ワザ】手についた「油のヌルヌル」の落とし方(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP