ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チームしゃちほこ、ツアー追加・最終公演は4年連続長崎で開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

チームしゃちほこが“約東海3県ホールツアー”「ホールツアー2015 さきどりハロウィンパーティーあそんでくれないと踊っちゃうぞ~」の追加公演を10月17日、長崎のチトセピアホールにて行った。

このツアーは最終公演をすでに浜松で終えており、実質”最終公演”となったこの長崎公演。今までのツアーと違い、椅子がすべて撤去された「オールスタンディング」な状態で行われたため、演出も異なると予告されており、期待が高まる中定刻通り17時にライブはスタート。

出囃子と「今年も来ました!長崎!!はじまるよーー!」の掛け声で始まると、「ザ・スターダストボウリング」、「いいくらし」、「BASYAUMA ROCK」とリードトラックで攻める。MCでは伊藤千由李が今回のツアーで一度も言っていなかった、という恒例の挨拶「こんにちゆー!」を10回以上言い満足げな表情を見せると、自己紹介を挟みチームしゃちほこと同郷でもあるSEAMOが手掛けた「首都移転計画」、続けて同じくSEAMOが作詞、そしてtofubeatsが作曲を手掛けたパラパラソング「J.A.N.A.I.C.A.」を披露した。

この楽曲は、10月28日発売の「ええじゃないか」に収録される新曲にもかかわらず、ファンとの掛け合いは抜群で長崎に集まったファンはメンバーと一緒に歌い踊り、早くもこの日のピークかというほどの盛り上がりを見せた。また、この楽曲は近々ミュージックビデオが公開になると発表され、伊藤は「がんばったところが全部使われてるから、達成感がすごい!」とコメントした。

ツアーTシャツに衣装をチェンジすると、マイクスタンドを使った「ちぐはぐ・ランナーズ・ハイ」、ヤンキー座りや胸倉をつかむ仕草など男性顔負けのユニークな振付となった「colors」と、2曲連続でしゃちほこのかっこいい面を見せると、「セット!」(秋本)の掛け声とともにライブの鉄板曲「乙女受験戦争」を披露。歌詞の中に「ちゃんぽん食べたい!」などをちりばめた長崎限定となる「乙女ちゃんぽん戦争」を披露し会場を盛り上げた。

続けて「抱きしめてアンセム」ではこの日欠席となった安藤ゆずのパネルをステージ中央に置き、6人が踊り狂った。MCでは今回で4回目となる長崎について咲良菜緒は「第二の故郷!今度は2 Daysやりたいな!1日目はライブで2日目は観光!あ、別に(ファンの)みんなと一緒に行動するとは言ってないよ?(笑)」と笑いを誘い、伊藤も「今日は来る前から絶対に食べるって決めてた角煮まんを食べられたから満足してます!」とご満悦の表情を浮かべた。秋本もライブ前に角煮まんや佐世保バーガーを食べたことを振れ、「本当に最高!!車だとしたらいつもはレギュラーなんだけど、今日はハイオク満タンで挑めました♪みんなの笑顔もハイオクな笑顔です!」と話した。

最後は「マジ感謝」で6公演分の感謝をこめて歌うと、2012年にチームしゃちほこが初めて長崎でライブパフォーマンスをして以来、恒例となる坂本遥奈による4年連続のロンダートで長崎公演は幕を閉じた。

<長崎公演セットリスト>
ザ・スターダストボウリング
いいくらし
BASYAUMA ROCK
首都移転計画
J.A.N.A.I.C.A.
NIGI² WONDERLAND
ちぐはぐ・ランナーズ・ハイ
colors
乙女受験戦争(=乙女ちゃんぽん戦争)
抱きしめてアンセム
JOINT
~アンコール~
夢の途中
エンジョイ人生
トリプルセブン
マジ感謝

ライブ情報
「年末大感謝祭ソロライブ6days」
12月11日・14日〜18日 名古屋Electric Lady Land
日替わりで全メンバーがソロライブ
出演スケジュールは後日Ustream生放送にて発表
http://www.ustream.tv/channel/syachihokotv

「JK卒業ライブ」
2016年3月 愛知県・名古屋
詳細は後日発表

関連リンク

チームしゃちほこ オフィシャルサイトhttp://team-syachihoko.jp/
チームしゃちほこ Twitterhttps://twitter.com/syachi_staff
チームしゃちほこ Ustreamチャンネル「SyachihokoTV」http://www.ustream.tv/channel/syachihokotv
チームしゃちほこ YouTubeチャンネル「SyachihokoCH」http://www.youtube.com/syachihokoch

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP