ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Lapa 2」で失くし物が見つけやすく!アプリで簡単操作、デザインもグッド

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Lapa2財布や時計など、忘れ物が多いあなたには、失せ物探しにピッタリな「Lapa 2」がオススメだ。

・「Lapa」がさらにパワーアップして再登場

今、クラウドファンディングIndiegogoで資金調達中のこのガジェットは、2013年に出資を受け付けた「Lapa」を、ユーザーからの要望を受け、さらに使いやすいよう改良したもの。

機能性と同じくらいデザイン性にも腐心し、形状のラインやカーブ1つ1つにこだわったという。

Bluetooth通信機能を保有しており、専用アプリからすべてをコントロールできる。およそ60メートルまでが有効範囲だ。

・音とLEDライトで場所を知らせる

Lapa2-3 例えば、鍵を失くしてしまったのに気づいたら、アプリを起動して操作すると、「Lapa 2」が音を鳴らし、LEDライトを点灯させて、オブジェクトの場所を知らせてくれる。

ライトのおかげで、カバンの中や暗い場所でも見つけやすいはず。

逆に、スマートフォンが見つからない場合には、「Lapa 2」のボタンを押すと、スマートフォンを起動させ、音と光で場所を教えてくれるという。

・最後にGPS検出された場所をマップに表示

外出先で失くし物に気づいたときには、最後にGPS検知された場所をマップに表示する。

また、「Lapa」コミュニティのメンバーが失くし物の付近を通過すると、その場所をマップ上に提示する機能があるほか、アプリから直接、Facebookの友人に失くし物の投稿をアップして、探すのを手伝ってもらうこともできる。

・コンパクトなサイズ、丈夫で水にも強い

Lapa2-3幅33、厚さ5ミリメートルというコンパクトサイズなので、鍵に付けるにも、カバンに引っかけるにも、お財布の中に入れておくのにもピッタリ。

「Lapa 2」は、ポリカーボネートとエチレンプロピレンゴム(EPDM)の合成素材製で、丈夫で磨耗しにくく、水にも強い。

・早くも、目標金額の約4倍の資金を集める

キーホルダー型のノーマルタイプのほか、「Lapa Bracelet」というブレスレットタイプも用意。子どもが腕に装着し、親が子どもの居場所を把握するセキュリティツールとして使うことができるようになっている。

「Lapa 2」は、すでに目標金額の約4倍の資金を集める人気ぶりだ。

Lapa 2

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。