ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人の魅力を最大限に引き出す!レスリー・キーの撮影手法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜木)夕方の番組「KIRIN ICHIBAN SHIBORI ONE AND ONLY」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)。10月19日〜22日のオンエアでは、フォトグラファーのレスリー・キーさんが登場します。

1971年生まれ、シンガポール出身のレスリーさん。フォトグラファーとしてデビューして以来、数多くのファッション誌や広告など国内外で精力的に活動しています。2004年に創刊した自費出版誌『SUPER』シリーズは、ヨウジヤマモトやレディーガガとのコラボレーションで話題になりました。2011年のティファニーとの共同チャリティー写真集『“LOVE & HOPE』は、APA経済産業大臣賞のほか、そのほか数々のアワードを受賞しました。

オンエアではまず、レスリーさんが、フォトグラファーになるきっかけについて聞いていきます。レスリーさんが日本と出会うきっかけは、両親が亡くなったため、自分と妹の学費をまかなうために13歳のとき、日本が作った工場で毎日働きながら学校に通うことだったそう。

そのとき、日本のアイドルソングやユーミンなどの曲と出会い、日本に来るきっかけになったそう。当時に憧れて、今でも会いたいアイドルとは一体誰なのでしょうか。

その後、話はフォトグラファーとして仕事のこだわりや、人物の魅力を最大限に引き出してしまうその撮影手法などの話に。自身も「引き出すのが上手い」と自賛するその方法を大公開します。どうぞお楽しみに!

【関連サイト】
「KIRIN ICHIBAN SHIBORI ONE AND ONLY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/oneandonly/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP