ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空気にデッサン?ワイヤーを巧みに使った驚きの3Dアートとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ラフなタッチでありながら、被写体を的確に捉えたこのデッサン。

描かれているのはキャンバスの上…ではなく、何もない空気の上?

これは絵画ではなく、ポルトガルのリスボンを拠点に活動するアーティスト、DAVID OLIVEIRA氏が手掛けた“ワイヤーアート”。

形を自由に変えられるワイヤーを巧みに折り曲げ、まるでペンの描いたデッサンのようなタッチで被写体を表現している。

2次元ではなく3次元的にアプローチしているのも作品のポイント。

彫刻のように、全方向から楽しむことができるのに、どの角度からも絵画のように見えるのがまた不思議だ。

 

唯一無二の世界観を確立したDAVID氏の活動からは、今後も目が離せない。

気になる人は彼のホームページをチェックしてみて。

DAVID OLIVEIRA
http://davidoliveiraescul.wix.com/davidoliveira

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP