ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川上哲治氏が「巨人で八百長選手いるか」と本誌に確認の過去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 巨人・福田聡志投手の野球賭博関与問題は社会に大きな衝撃を与えた。そこで思い返されるのが46年前の「黒い霧事件」だ。そもそものきっかけは1969年10月、西鉄ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)の永易将之(ながやす・まさゆき)投手が、球団の調査で「暴力団の野球賭博で八百長試合に関与した」と判断され、解雇されたことだった。

 これを新聞が大きく報道。さらに渦中の永易が普段着のまま自宅を出て、そのまま失踪したことで、疑惑が疑惑を呼び、騒動は社会問題に発展する。最終的には、複数の逮捕者を出す事態となり、19名のプロ野球選手が永久追放・出場停止などの重い処分を受けた。

 ここで本誌『週刊ポスト』は球史に残るスクープ記事を掲載することになる。行方をくらませていた最大のキーマン・永易の独占インタビューを報じたのだ(1970年4月10日号)。

 インタビューは本誌の協力ライター・大滝譲司氏によるもの。2週にわたって掲載され、その赤裸々な内容が大きな話題を呼んだ。まさに球界を揺るがした独占インタビュー。その裏には、未だ語られたことのないドラマがあった。

 当時、現場にいた小学館OB・林四郎氏(当時週刊ポスト担当役員)が振り返る。

「コミッショナー委員会の委員長で東大出身の憲法学者・宮澤俊義氏が小学館に来て、涙を浮かべて“プロ野球の選手が八百長をするとは信じられない”といってきた。“残念ながら事実です”と永易証言を説明すると、肩を落として帰っていきました。気の毒で仕方がなかった」

 そしてもう1人、本誌編集部は、球界を代表する人物からの接触を受けている。巨人V9時代の名将・川上哲治監督だ。

「作家の五味康祐さんの紹介で、川上監督が会いたいといってきたので、赤坂の料亭で一席設けました。川上監督は“巨人軍の選手の中で八百長している選手はいないですね?”と尋ねられました」(林氏)

 その時、実は捜査関係者がマークする選手の中には、巨人軍の選手も2人含まれていたという。

「今だから話せる話ですけどね。諸々の事情から、ここで名前を挙げるとマズイと判断し、“名前は出ていませんでしたね”と否定しておきました。すると川上さんはホッと安心したような様子でした」(林氏)

 本誌のインタビュー後、八百長事件は永易の記者会見以降にも次々に発覚。文字通り「黒い霧」となっていく。

 永易が実名を挙げた選手の中には、西鉄から中日にトレードされていたT投手も含まれていた。本誌は第2弾記事で、当時疑惑を指摘されて蒸発していたT氏を疑わしいと実名で報道。この記事で本誌は、T氏から名誉棄損で東京地検に告訴されたが、結局、T氏は野球賭博の捜査の過程で浮上したオートレースの八百長疑惑に関与したとして球界を永久追放された。本誌も不起訴処分となった。

 さらに中日のエースだったO投手は、同じくオートレースに絡んで逮捕されるという事態にまで発展している。林氏が語る。

「ある仕事で名古屋に行ったとき、Oさんがバーをやっているというので立ち寄ってみた。こちらの素性は明かさず飲んでいたんですが、カウンター越しの彼の寂しい背中を見たときは、これがとんでもない事件だったことを痛感させられました」

 今回、野球賭博に関与した巨人の福田聡志投手が生まれる、はるか昔の話ではある。しかしその行為がどれだけ球界とファンを裏切り、自分自身をも貶めることなのか知るべきである。闇に手を染めてしまった永易の独占告白が伝える教訓は、今なお重い。

(文中一部敬称略)

※週刊ポスト2015年10月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
王貞治インタビュー他プロ野球逸話を満載した二宮清純氏の本
解任騒動の元巨人・清武英利氏が野球への思い綴った本が登場
江川卓、伊良部他プロ野球史上に残るヒール55人を紹介する本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP