ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

介護保険制度利用して実家改修 介護用品をレンタルで節約可

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2000年4月にスタートした介護保険制度の運営主体は市区町村。40才以上の国民が納める保険料と、国や都道府県の税金補助を財源とし、自治体から「要介護」「要支援」の認定を受けた65才以上を中心に保険給付が行われる。要介護度別に定められた限度額の範囲内で、介護サービスを1割負担で受けられる。その介護保険制度にはほかにもさまざまな使い道がある。

「実家の改修」もその一つだ。実家を片付ける時、最優先事項は日常生活の安全確保。介護保険制度を使えば、「手すりの取り付け」や「段差の解消」、「転倒防止のための床材の加工・取り替え」など、6種類の住宅改修に介護保険が適用され、原則1割負担で改修工事ができる。

 1つの家屋につき20万円(自己負担2万円)という限度額はあるが、数回に分けて利用することもできる。高齢の親が住む実家のリフォームなら利用しない手はない。

 もしリフォームしたいところがあれば図面や見積書と一緒に申請書を市区町村に提出し、許可が下りたら工事を行うことになる。工事の料金は一度、施工業者に支払い、その領収書を自治体の窓口に提出すると原則9割の工費が戻ってくる仕組みだ。

『もう限界!! 親の介護と実家の片づけ』の近著がある高室茂幸氏(ケアタウン総合研究所所長)が語る。

「過去に介護保険制度を使ったリフォームを経験したことがある業者に依頼するとスムーズです。市区町村の介護保険の窓口にいけば、そうした業者を紹介してくれます」

 高齢者宅に欠かせない「扉の取り替え」にも介護保険が適用される。

「手前や奥に開く開閉式の扉は体のバランスを取りにくく、転倒したり突然開いたドアにぶつかることもあります。また、トイレの扉が内開きだったらお年寄りが中で倒れた場合、ドアが開かなくなり危険な状態になりかねない。そのため居間やトイレの扉は引き戸に改修するのがベスト。将来的に車いすを利用するケースを考えても引き戸のほうが便利です」(高室氏)

 扉の取り替え工事は通常なら5万~10万円ほどかかるが、介護保険を利用すればその1割で済むことになる。

 高齢になり体が不自由になると杖や車いすなどが必要となり出費がかさむが、こうした介護用品も介護保険を利用すれば安くレンタルできる。

「歩行器、車いすや床ずれ防止用具など介護用品13品目にも介護保険が適用されます。原則1割の自己負担で借りられます」(高室氏)

 介護用ベッド、移動用リフトなど高額の用品も格安で借りられる。レンタルしたい場合はケアマネジャーを通じて事業者に申し込もう。

「親の介護に手いっぱいで部屋を片付ける時間がない」という人におすすめしたいのが「通所介護(デイサービス)」の利用だ。

「要介護者がデイサービスセンターなどに通い、食事などの生活支援やレクリエーションを楽しむのが通所介護です。“親が不在になる時間”を利用して効率よく片付けを進めましょう」(高室氏)

 通所介護の利用時間は最長で9時間。「それでは時間が足りない」という場合は、施設に宿泊する「短期入所生活保護(ショートステイ)」を利用すれば、改修工事など大がかりな片付けもできる。

※女性セブン2015年10月22・29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
片付けも頼める介護保険 範囲超えたオーダーでトラブルも
介護費用 介護保険以外に「5年で総額700万-800万円」と専門家
親が倒れ急遽介護資金が必要な場合は介護ローンの活用も有効

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。