ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VAMPS主宰「HALLOWEEN PARTY 2015」神戸で開幕、HYDE「1年ぶりにこの格好をして気持ちがいい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本最大級の規模で開催されるVAMPS主宰のハロウィン・イベント「HALLOWEEN PARTY 2015」が、10月17日、神戸ワールド記念ホールにて遂に幕を開けた。

神戸で2日間、千葉・幕張メッセ国際展示場9・10・11ホールで3日間と、計5日間の開催で約6万人を動員する超大型イベントなだけに、ゾンビの花嫁や女狐、海賊など、気合いの入った仮装姿のオーディエンスたちが会場に向かう駅前に集う様子は、この時期の神戸ではもはや風物詩となりつつあるらしい。

初日のトップバッターを華々しく飾ったのはBREAKERZだ。全5公演すべてに出演する彼らは、現在好感度ナンバー1のCMキャラに扮して登場。「KMIで行きますよ。神戸(K)、盛り上がって(M)行こうぜ(I)!」というDAIGOのMCと共にアグレッシヴな新曲「YAIBA」などを披露。会場のボルテージをしっかり上げて見せた。

続いて総合司会のやまだひさしのMCで始まったのは、ハロウィンならではのスペシャルなファッションショー「HALLOWEEN COLLECTION」だ。この日、VAMPSのメンバーの審査で選ばれたのは、ゴシックな白ドレスのグループ、貴族の亡霊や動物の精霊など、ハイクオリティな仮装をほどこしたオーディエンスたち。最後に手作り感あふれるエヴァンゲリオンに扮したゴールデンボンバーの喜矢武豊も登場し、会場の笑いを誘う。

ほのぼのとした空気を一転させたのは、HALLOWEEN PARTY初登場のNIGHTMAREだ。不気味なフロートに乗ってアリーナを進み、ステージ中央に伸びたキャットウォークに降り立ったメンバーは、なんと全員が映画『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』のジャックの姿!どよめく観客を尻目に、「404」やスラップベースが轟く「極上脳震煉獄・弌式」など、ヘヴィチューンを立て続けに演奏。血まみれ花嫁や小悪魔、ゴスなアリスや巫女たちも激しいヘドバンとジャンプで応戦する。

「毎年ギターの柩くんが出させてもらってますが、今年はNIGHTMARE15周年。バンドとして初めて出させて頂けて嬉しく思います」とボーカルのYOMIが言う。NIGHTMAREを代表する1曲「the WORLD」では、咲人と柩がキャットウォークでそれぞれギターソロを披露するなど、15年の実力を確認する迫力ある演奏で観客を熱狂させた。

「ロンドンから布袋寅泰さんが来てくれました!」というやまだひさしのMCで登場したのは、布袋寅泰のモノマネで注目のペレ草田だ。最初はあっけにとられていた会場も、あらゆる音を布袋風に表現する絶妙な芸にいつしか爆笑状態に。実は彼はHYDEのお気に入りの芸人なのだとか。

トリを飾ったのはもちろんVAMPSだ。凝った仮装だけでなく意外な登場方法も楽しみな彼らだが、この日は予想のはるか上を行くスタイルで登場。「HALLOWEEN PARTY-JAZZ Ver.-」のジャジーなサウンド、ハイトーンなHYDEの歌声やカズーの音色、イリュージョンばりの息をのむ演出に誰もが圧倒され、続けて「EVIL」を歌い終わった後もまだ場内の緊張とざわめきは収まらない。

「1年ぶりにこの格好をして気持ちがいい。これが本来の姿だから」と、HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAの衣装とメイクをほどこしたHYDEが言う。HALLOWEEN PARTYの直前まで海外ツアーを行なっていただけに、連発されるパーティーチューンの数々はぐんとソリッドに進化。バンド間の息も見事にぴったりで、「SEX BLOOD ROCK N’ ROLL」では、K.A.Zがギターを回すと同時にHYDEも両手を回すお茶目な場面も。

最後は、ハロウインラビット姿のTommy heavenly6、軍服風の明希(シド)、ゲゲゲの鬼太郎姿の逹瑯(MUCC)も交えた、出演者全員によるHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAだ。MONORALのanisの司会による「Rhythm Game」のコーナーでは、NIGHTMAREの咲人とYOMI、そしてDAIGOが”恥ずかしい罰ゲーム”の犠牲となり、場内は大爆笑。果たして神戸の2日目では誰がどんなレアな場面を見せてくれるのだろうか?

なお、会場には、現地で着替えができるように更衣室利用券付きクロークを設置。また、当日の仮装がVAMPSのお眼鏡にかなえばアーティスト達と同じステージに立てるハロコレブース、プロカメラマンの撮影によるフォトスタジオコーナー、VAMPSのオリジナルロゴなどがペイントしてもらえるボディペインティング、VAMPSとのコラボによるアーケイド本格音楽ゲーム「crossbeats REV」の体験コーナーや各出演アーティストグッズ売り場、ハロウィンらしいメニューが並ぶフードなどが楽しめるフリースペース(神戸国際展示場3号館)も充実。会場に着いた瞬間からHALLOWEEN PARTY気分が高まる仕様になっている。

撮影:今元秀明、緒車寿一、田中和子
ライター:早川加奈子

関連リンク

「HALLOWEEN PARTY 2015」オフィシャルサイト:http://www.halloweenparty2015.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP