ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Geniatech、4K@60fps対応のAndroidスティックを開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の AV 機器メーカー「Geniatech」が 4K 出力をサポートした Android ベースの HDMI スティックを発表しました。Geniatech の製品は国内にも入ってきているので、今回の 4K 対応モデルもネットショップ等で発売されると思います。製品名は不明なのですが、この HDMI スティックは 64bit の AmLogic S905 Cortex-A53 プロセッサを搭載しています。映像出力では HDMI 2.0 をサポートしており、4K @ 60fps の H.265 10-bit ビデオのデコードが可能です。現時点で 4K 出力に対応した HDMI スティックはそうそうないので、4K にこだわる場合には良い選択肢になると思います。Geniatech の HDMI スティックは Android 5.1.1 ベースのカスタムファームウェアを搭載しており、11 月より出荷される予定です。Source : ARM Devices

■関連記事
Nexus 5X、韓国でも10月20日に発売、国内では「1~2 営業日以内に出荷」に変わる
Nexus 5Xの通知ランプの点灯具合を確認できる動画が公開
米国のAmazonで「Moto 360(2nd Gen)」の予約受付が開始、日本への配送にも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP