ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OPPO、4GB RAMを搭載した「OPPO R7s」を発表、11月にアジアの10カ国で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の人気メーカー OPPO が 4GB RAM を積んだ新型スマートフォン「OPPO R7s」を発表しました。OPPO R7s は 11 月より海外 10 カ国で発売される予定です。OPPO R7s は、同社イチオシのグローバルモデル「OPPO R7」シリーズの最新モデルです。既存の OPPO R7 と OPPO R7 Plus の中間サイズとなる 5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイを搭載しています。ディスプレイモジュールは AMOLED で、カーブエッジの 2.5D ディスプレイ仕様を採用しています。このほか、Snapdragon 615 1.5GHz オクタコアプロセッサ、4GB RAM、32GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、3,070mAh バッテリーを搭載しています。OS は Android 5.1.1 ベースの Color OS 2.1 で、12 月には OPPO Style を通じて欧州と北米にも投入されます。Source : OPPO

■関連記事
Nexus 5Xの通知ランプの点灯具合を確認できる動画が公開
米国のAmazonで「Moto 360(2nd Gen)」の予約受付が開始、日本への配送にも対応
Galaxy NexusにAndroid 6.0 Marshmallowが移植される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP