ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドラマも開始 大注目『下町ロケット』続編の読み所を紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 作家・池井戸潤氏の直木賞受賞作が原作の連続ドラマ『下町ロケット』(TBS系列/毎週日曜21時~)が放送中だが、ドラマの撮影と並行して、もうひとつの大きな“計画”が進行していた──。

 池井戸氏が書き下ろした『下町ロケット』の続編が、ドラマ放映中の11月5日に発売されるのである。

 しかもこの作品、ドラマの後半5話の原作になるという。大注目の新刊『下町ロケット2 ガウディ計画』の読み所を紹介しよう。

 * * *
 国産ロケットのエンジン部品の開発により、倒産の危機を切り抜けてから数年──。佃製作所は、またしても窮地に立たされることになる。

 量産を約束したはずの取引は試作品段階で打ち切られ、ロケットエンジンの開発では、NASA出身の社長が率いるライバル企業・サヤマ製作所とのコンペの話が持ち上がる。

 そんな時、社長・佃航平の元にかつての部下から、ある医療機器の開発依頼が持ち込まれた。「ガウディ」と呼ばれるその医療機器が完成すれば、多くの心臓病患者、特に子どもの患者を救うことができるという。

 しかし、実用化まで長い時間と多大なコストを要する医療機器の開発は、中小企業である佃製作所にとってあまりにもリスクが大きい。苦悩の末に佃が出した決断は……。

 医療界に蔓延る様々な問題点や、地位や名誉に群がる者たちの妨害が立ち塞がるなか、佃製作所の新たな挑戦が始まった──。

 また、この作品にはもうひとつ大きな“仕掛け”が施されている。実は毎週土日、朝日新聞に連載小説として掲載されているのである。

 10月3日よりスタートしたこの連載は、単行本の発売前は試し読み版、発売後はハイライト版として読むことができる。また、ドラマが後半部分に差し掛かると、映像と同時に読み進めていく“臨場感”を楽しむこともできるというわけだ。

 ドラマ、新聞、書籍が連動するという、これまでに例のない新たなメディアミックスが展開されている。

※週刊ポスト2015年10月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ペリー荻野氏 注目のドラマはオダギリジョー『おかしの家』
下町ロケット工場社長「技術で中国に負けることはあり得ない」
相武紗季 ノースリーブのドレスに身を包んだその麗しき美貌

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP