ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドラマ版『下町ロケット』 春風亭昇太は「史上最悪の名脇役」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「阿部さんが大福を食べるシーンがあるんですが、リハーサルでは食べないだろうと思ってラップにくるんでおいたんです。でも阿部さんはそれを外してガブリ。ハードな撮影日程でも、リハも本番さながらに本気の演技を見せる阿部さんの妥協のない姿に引っ張られて、他の共演者もスタッフも燃えてますよ」(TBS関係者)

 大ヒットした池井戸潤・原作の『半沢直樹』(TBS系)や『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)に続き、今秋最注目のドラマ『下町ロケット』(TBS系・21時~)が10月18日にスタートした。

「『半沢』の制作チームと同じですから、テンポのよさと映像や音楽のクオリティーは折り紙付き。『半沢』と同じロケ場所を使ったり、背景に映っているテレビに『半沢』と同じ映像を流すなどの遊び心も満載で、スタッフからは“懐かしい!”という声も上がっていました」(撮影スタッフ)

 主役の阿部寛(51才)が演じるのは、父親の後を継いで町工場の社長になった宇宙科学開発機構の元研究員・佃航平。佃が社員らとともに、自分の夢であるロケットエンジンの開発に打ち込んでいく中で、メーンバンクから融資を断られたり、ライバル企業から身に覚えのない特許侵害で訴えられたりと、さまざまな難題に立ち向かう姿が描かれている。

 撮影現場を引っ張るのはもちろん主演の阿部。前出・TBS関係者が言う。

「阿部さんの気遣いにはいつも驚かされます。現場に着くと、スタッフ向けにいつも何かしら甘い差し入れが届いているんです。東京・入谷にある人気和菓子店『竹隆庵 岡埜』の大福だったり、『ゴディバ』のチョコレートだったり、団子やフルーツなど、どれも気の利いたものばかり。

 そんな阿部さんに女子スタッフはすでに虜。先日、阿部さんが夕食の弁当を選ぶのに、『チキンのトマト煮』か『スイートチリえびマヨ』かで、眉間にしわを寄せて、大いに悩んでいたんですが、そんな一コマでも“カッコよすぎて絵になる”と評判になっていました(笑い)」

 ドラマの見所について、阿部は雑誌のインタビューでこう語っている。

《“悪”の存在が悪いほどドラマは面白くなる。(中略)池井戸さんの作品はそのキレがいいのでそこを大事に作っていきたい》

『半沢』では、主人公に立ちはだかったオネエ口調の片岡愛之助(43才)や超イヤミな上司役の緋田康人(51才)の役柄が鮮烈だったように、池井戸ドラマでは数々の“名悪役”が輩出されてきた。

「今回の現場でスタッフが息をのんだのが、落語家の春風亭昇太さん(55才)の悪役っぷりです。主人公に向かって『御社の技術開発力を評価している者は、当行にひとりもいません』と言い放ち、融資を打ち切ろうとするメーンバンクの融資担当の役柄ですが、そのせりふの言い回しのいやらしさは撮影で見ていても本当にイラッとしました(笑い)。薄ら笑いを浮かべた表情と独特のネチネチとした口調は、まさにハマり役で、池井戸作品“史上最悪”の名脇役といわれるかもしれません」(前出・TBS関係者)

 主人公との迫真の対決は必見!

※女性セブン2015年10月22・29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ドラマ『下町ロケット』出演 寺島しのぶの佇まいを著者絶賛
TBSで連ドラ化の『下町ロケット』 主演・阿部寛の意気込み
テレ朝『民王』 原作者・池井戸潤からドラマ化の推薦あった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP