ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【酷似】あまりにも『ワンダと巨像』に酷似しているゲーム『Prey for the Gods』が面白そうだと話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

プレイステーション2の人気ゲームで忘れてはならないのが『ワンダと巨像』である。主人公と少女以外に人間が存在しない世界で、巨像を破壊し、少女を蘇らせようと戦う少年の物語である。

・広大な土地を移動して巨像を見つける
ゲームの内容はシンプルで、広大な土地を移動して巨像を見つけ、その体をのぼって急所を剣で貫き、すべての巨像を倒していくというもの。すべての巨像を倒したとき、奇跡と悲劇が起こる……。

・『ワンダと巨像』が頭に浮かんでしまうシーン
そんな伝説的な人気ゲーム『ワンダと巨像』にそっくりなゲーム『Prey for the Gods』がパソコン用ソフトとして発表され、大きな話題となっている。極寒の土地で神を見つけ、よじ登り、倒していく物語である。すでにプレイ動画が公開されているが、どうしたって『ワンダと巨像』が頭に浮かんでしまうシーンばかり。

・演出も壮大でリアル
しかしあまりにもデキが良いらしく、多くのゲームファンたちがこのゲームに注目している。確かに、グラフィックも美しく、演出も壮大でリアルで、そして神の迫力も凄まじいものがある。気になる人は買ってみてはどうだろうか?

ちなみに『ワンダと巨像』はプレイステーション3で美麗になって販売されており、発売から10年が経過した現在も愛され続けている。

https://youtu.be/hzDl2THyF4w

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/10/18/prey-for-the-gods/

Via: Prey for the Gods

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP