ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 6.0 Marshmallowでは対応アプリの場合、アプリインストール時の「同意」画面は表示されない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 6.0 Marshmallow では Google Play ストアからアプリをインストールする際に、対応アプリだと従来のアクセス要求の「同意」画面が表示されることなくインストールされるようになりました。Android Lollipop までは、どのアプリもインストールする際にも一度は「同意」ボタンを押さなければなりません。しかし、Android 6.0 では権限管理の仕組みが変わり、実際に機能を利用する際に権限へのアクセスを許可/ 拒否できるようになりました。Android 6.0 に対応済みの Evernote の場合もインストール後に権限へのアクセスの許可 / 拒否を選択できます。そのため、Google Play ストアからインストールする際には「同意」画面は表示されなくなったのです。権限へのアクセス要求画面は「ストレージへのアクセス」や「カメラへのアクセス」といったようにジャンル別に表示されるので、位置情報を扱う機能を利用したくない場合にはその機能だけを無効にすることができます。Source : Google

■関連記事
ZenWatch 2(WI501Q)には技適マークが表示される
埼玉県・川越市で無料の公衆無線LANサービス「Kawagoe Free Wi-Fi」が開始
LINE、ディズニーの公式スタンプ・着せ替えテーマを「LINE Store」で発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP