ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『釣りバカ』 スーさんに三國を指名したのは西田だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビ東京系で10月23日にスタートするドラマ『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』。9月に「スーさん」こと鈴木一之助を俳優・西田敏行が演じる事が発表され、映画ファンからも注目を浴びている。

「主役の『ハマちゃん』こと浜崎伝助を演じる濱田岳さんがまず発表され、相棒であるスーさんを誰が演じるか注目されていました。ファンの間では『映画でスーさんを演じた三國連太郎さんの息子、佐藤浩市さんになるんじゃないか』という声もあったほどです」(ドラマ評論家)

 長年、確執が噂されていた三國と佐藤だが、三國の晩年には和解しており、佐藤が今年6月公開の映画『愛を積むひと』に出演した際、「後ろ姿がお父さんにソックリ」と指摘されると「三國を知るスタッフが多かったので、わざと真似てみました」と語るなど、自ら三國の事を語る場面も増えている。

「『愛を積むひと』の朝原雄三監督は、映画『釣りバカ』の第14作から最終作までメガホンを取り、今ドラマでも監督を務めます。『朝原監督が映画の撮影中に佐藤さんに直接、スーさん役をオファーした』という噂もありました」(前出・ドラマ評論家)

 結果は、映画版で長年ハマちゃん役を演じてきた俳優の西田敏行に決定する。

 西田がインタビューで語ったところによると、オファーに驚き、「最初はありえないと思っていた」という。だが、時間が経つにつれ、「もう一度『釣りバカ日誌』の世界に足を踏み入れてもいいかな。スーさんという立場でやってみてもいいかな」と気持ちが変わっていったそうだ。

「西田さんは悩んだ際、三國さんの顔を思い浮かべたそうです。すると、『やったらいいんじゃないの?』という三國さんの顔が浮かび、最終的に出演を決めたそうですよ」(二人をよく知る芸能関係者)

 二人は約20年にわたって親しまれた映画『釣りバカ日誌』の名コンビだが、そもそもスーさん役に三國を指名したのは西田だった。

 高校時代、三國の主演映画『飢餓海峡』(1964年)を観て、役者を志した西田。この作品は伝説的な名作で、昨年4月に東映撮影所で行われた三國の一周忌の際も、息子・佐藤浩市の意思で参列者にDVDが配られたほど三國を代表する作品だ。

 西田は1974年の映画、『襤褸の旗』で、ついに憧れの三國連太郎と共演を果たす。舞台は明治。公害と環境破壊に対して戦った足尾鉱毒事件の田中正造の半生を描いた作品で、田中正造役の三國に対し、西田は農民の一人として出演している。

「三國さんに背中を叩かれるシーンの撮影前、共演者の女優さんに『着物の中に本を入れておいた方がいいよ』と言われたそうです。『まさか、お芝居なんだから本気で叩くわけじゃあるまいし』と思っていた西田さんですが、いざ本番となると三國さんに容赦なく叩かれたんです。その時の衝撃は強烈で、『こんちくしょー! いつか三國連太郎を超えてやる!』と誓い、それを糧に俳優業を頑張ったと言っていました」(前出・芸能関係者)

 結果、人気俳優になり、三國に感謝していたという西田。ハマちゃん役に自身が決まり、スーさん役を決めようという際、「三國連太郎さんにお願いしたい」と言ったという。

「昔の事が頭をよぎり、『あの三國連太郎を喜劇に出したい』と指名したんです。『一筋縄ではいかないだろう。でも、それも楽しんで見せる』という強い気持ちでした。

 一方、三國さんの方はというと、『農民A』の事はスッカリ忘れていて、西田さんの出演作を観て『一緒に仕事した事はないが、良い役者だな』と認め、共演したいと思っていたそうですよ」(前出・芸能関係者)

 とはいえ、『釣りバカ』のコメディータッチの台本を読んで躊躇したという三國。しかし、24歳年下で4人目の妻・友子夫人の「こうだっていう型にハマらず、やってみたらいいじゃない」という声に背中を押され、出演を決める。

「三國さんは元来、奥さんの意見を聞くような人ではありませんでした。入院中に世話をして支えた友子さんと再婚してからは人が変わりましたね。以前の三國さんだったら受けていなかったでしょう」(前出・芸能関係者)

 結果、1988年に松竹系にて公開された映画『釣りバカ日誌』は、2009年の『釣りバカ日誌20 ファイナル』をもって完結するまで多くのファンに愛される作品となる。

 今回のドラマ『釣りバカ日誌』では、三國の墓のある静岡県松崎町もロケの候補地に挙がっているという。学生時代のあだ名が「ハマちゃん」で、今回の役柄には気合いの入っている濱田岳のハマちゃんと、西田演じるスーさんとのやりとりが、ファンならずとも今から楽しみだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
西田敏行 釣りバカスーさん役オファーに最初は「ありえない」
四国遍路を知るのに最適な映像『ロード88』『釣りバカ』など
三國連太郎 性的悩みで一度は手術を真剣に考えたと告白

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP