ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ドル円週間見通し】米企業業績等見極め もみあい相場予想

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が10月19日~10月23日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 ドル・円はもみあいか。19日に中国の7-9月期国内総生産(GDP)が発表される。経済成長の鈍化は織り込み済みだが、予想を下回った場合はアジア、欧米の株安を招く可能性があるため、リスク回避のドル売りが強まる見込み。

 また、米企業業績(7-9月期)に対する市場の関心も高いようだ。金融セクターは比較的好業績を示しているが、足元では消費の弱さが意識されており、市場関係者は小売などの消費関連のセクターを注目している。大手企業の業績が市場予想を下回った場合、早期利上げの思惑は後退し、ドル売りがやや強まる可能性がある。業績が総じて好調ならば、早期利上げへの思惑が広がり、ドルに対する支援材料となりそうだ。

 なお、経済指標では米住宅関連指標の発表も予定されている。直近の住宅市況がまずまず順調であれば、ドル相場を下支えする一因となりそうだ。

【住宅関連指標】(20日、22日)
 9月住宅着工件数(20日)は年率換算で前回112.6万件から114.2万件への増加、前月比では、-3.0%から+1.4%への改善が予想される。また、中古住宅販売件数(22日)は年率換算で前回531万件から536万件の増加、前月比では-4.8%から+0.9%と大幅改善となる見通し。予想通りならば、ドル買い材料となりそうだ。

 10月19日-23日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(中国)7-9月期国内総生産(GDP) 19日(月)午前11時発表予定
・予想は、前年比+6.8%
 参考となる4-6月期の数字は前年比+7.0%。生産、投資がやや停滞しており、成長率は鈍化しつつある。7-9月期は不動産開発投資や生産の伸び悩みが想定されており、成長率はさらに鈍化する見込み。なお、国家統計局は7-9月期より、四半期の経済活動を基に国内総生産を算出する。短期的な変動をこれまでよりも統計に反映させることで、新たな算出方法は先進主要国基準に沿うものになる。

○(米)9月住宅着工件数 20日(火)午後9時30分発表予定
・予想は114.2万戸
 参考となる8月実績は前月比-3%の112.6万戸で市場予想を下回った。全米4地域のうち3地域で着工件数は減少しており、増加したのは南部のみ。ただし、雇用情勢は改善しており、9月については、8月減少の反動増が予想されており、市場予想は妥当か。

○(日)9月貿易収支 21日(水)午後9時30分発表予定
・予想は、+935億円
 参考となる8月実績は-5697億円。原油安によって輸入額は減少したが、輸出は伸び悩んでおり、5カ月連続の貿易赤字となった。9月については輸出低迷が続いているが、輸入額の減少が予想されていることから、わずかな黒字となる可能性がある。

○(米)9月中古住宅販売件数 22日(木)午後11時発表予定
・予想は、536万戸
 参考となる8月実績は前月比-4.8%の531万戸で市場予想を下回った。在庫が販売を抑えたようだが、住宅ローン金利がやや低水準で安定していることは支援材料。中古住宅価格は前年同月比+4.7%で需要は減少していないことから、9月は8月実績をやや上回るとみられる。

○日米の主な経済指標の発表予定は、20日(火):(米)9月住宅建設許可件数、23日(金):(米)10月マークイット製造業PMI

【予想レンジ】
・米ドル/円:117円00銭-121円00銭


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【ドル円週間見通し】レンジ上限接近でドルの一段高は期待薄
パチンコ向けLSI開発会社の株価に大幅リバウンド期待高まる
住宅市場に消費増税前の駆け込み需要期待で住友林業株に妙味

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP