ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野球賭博で巨人重鎮OB「八百長云々ではなく賭博関与が問題」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 約半世紀の時を経て、再び球界を「黒い霧」が覆い始めている。巨人・福田聡志投手の野球賭博関与問題。現役のプロ野球選手が野球賭博に手を染め、しかも自軍の試合を賭けの対象にしていたという事実は、社会に大きな衝撃を与えた。これは福田個人の愚行に過ぎないのか。それとも氷山の一角であり、もっと深い闇が潜んでいるのか。

 巨人軍の初代オーナー・正力松太郎氏の遺訓にはこうある。「巨人軍は常に紳士たれ」──。正力氏はいま、草葉の陰で泣いていることだろう。巨人の調査に対し、福田は「軽い気持ちで誘いに乗った」と語っているという。

 事件は税理士法人勤務という男性A氏が、川崎市にあるジャイアンツ球場を訪れ、福田の借金を取り立てに来たことで発覚した。A氏は同じ巨人の投手・笠原将生の友人の知人。巨人の発表によれば、福田は昨年、笠原を通じてA氏を紹介され、野球賭博に誘われた。高校野球、巨人戦を含むプロ野球、そしてメジャーリーグの試合を対象に賭けを行なった。100万円以上負けたところで賭けを止めようと連絡を絶ったが、そのことでA氏の取り立てが始まったという。

 野球賭博は今も昔も暴力団の資金源、いわゆる「シノギ」の一つだ。日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーは5日の時点では、「(福田と)反社会的勢力との関わりは報告されていない」と発表した。

 球界と野球賭博の関係で思い出されるのは、1969年から1971年にかけて騒動となった「黒い霧事件」だ。現役選手が野球賭博にかかる八百長行為に関与したことが発覚。結果的に約20人もの選手が処分を受け、うち6人が球界を永久追放となった。

 巨人側は「福田には八百長行為は確認されていない」としているが、賭博行為などを禁止する野球協約第180条違反の可能性が濃厚。福田をコミッショナーに告発し、判断を委ねている。巨人重鎮OBが嘆く。

「八百長をしていないから、単なる張り客だからどうこうということではない。選手が野球賭博に関与しただけで重大な問題だ」

※週刊ポスト2015年10月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
取締り強化でも消えぬ野球賭博「1日6試合でシーズン長いから」
野球賭博 規模縮小されたが今も月に数千万円単位のカネ動く
野球賭博 主力選手は警戒心が強いが準レギュラー陣は隙多い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP