ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今季ドラフト 大学、社会人から高校生育成狙う傾向に転換か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年のドラフト会議が10月22日、行われる。ここ数年、社会人・大学生の即戦力を獲得する方針が強かった球団が、狙いを変えてくる可能性があるという。スポーツライターの加来慶祐さん今年のドラフトの傾向を分析する。

 * * *
 過去5年間のドラフトを振り返ってみると、1位指名の重複によって交渉権がくじ引きとなったケースは23回を数えた。4球団以上が競合した選手は4人で、最多は2010年の大石達也(早大~西武)で6球団。続いて2013年の松井裕樹(桐光学園高~楽天)が5球団の競合を受け、2010年の斎藤佑樹(早大~日本ハム)、藤浪晋太郎(大阪桐蔭高~阪神)の4球団と続く。こうして指名が競合する選手というのは、各球団が即戦力として評価している、その年のアマチュア最高レベルにある選手たちである。

 1位指名はくじに外れての再競合もある。ちなみに今季打率3割以上、30本塁打以上、30盗塁以上のトリプルスリーを達成した山田哲人(ヤクルト)は、外れの外れ抽選でヤクルトが交渉権を獲得した“ドライチ”選手だった。

 過去5年間における1位指名の競合23回のうち、最初の入札で競合したのは13回だ。内訳を見てみると、高校生が5回、大学生が7回、社会人が1回。“素材育成型”の高校生より、“即戦力・実戦派”の大学・社会人選手に人気が集まっていたことが理解していただけるだろう。

 さらに、ここ3年間は大学・社会人からの1位指名選手が12球団中8選手を占めるという状態が続いている。このように、近年のドラフト戦線は将来性や育成強化を重視して高校生を獲得する球団よりも、すでにアマ球界で育成段階を経ている即戦力を獲得する傾向が強かった。高卒1年目で新人王を獲得した選手も、1999年の松坂大輔(当時西武)を最後に出現していないという事実も大きいか。

 こうした大学・社会人優位のドラフトは続くのか? 果たして、高校生中心の“将来性ドラフト”へ移行していく可能性は、近未来も含めて残されているのだろうか?

 某球団のベテランスカウトに話を聞いたところ「あくまで私見」として、今季ドラフトの傾向を予測してくれた。しかも「そろそろ潮流が変わる時が来ている」と、興味深い展望まで語ってくれている。

「ここ数年のように、大学や社会人に核となるべき投手が少ないように感じる。昨年から1位候補として期待していた両左腕、上原健太(明大)、今永昇太(駒大)が今季は早々に出遅れました。さらにこの2投手に勝るとも劣らない即戦力評価の多和田真三郎(富士大)も秋の時点で投げていない。一方、今年の甲子園はスター揃いで盛り上がったし、大会後に行われたU-18ワールドカップの余韻もいまだ冷めやらない。となれば、自ずと目は高校生に向いてしまいますよね」

 氏が名前を挙げた明大の上原は調整不足で春に出遅れたものの、秋のリーグ戦で復調傾向にある。しかし、今永は依然として長い回を投げる不安を抱えたままで、多和田に至っては右肩腱板炎症で秋のリーグ戦登板を回避している。

 一方の高校生ドラフト候補たちはどうか。夏の甲子園で優勝した東海大相模の小笠原慎之介、準優勝した仙台育英の中核にあって大会3本塁打を放った平沢大河、高校球史に残るスピードスター・オコエ瑠偉(関東一)、夏の出場は逃したが最速152キロを誇る世代のエース・高橋純平(県岐阜商)など、注目された選手たちが実力相応の結果を見せ、プロ側の評価を大いに高めている。

「山本昌や和田一浩、小笠原道大(いずれも中日)といったベテランの大物が相次いで引退し、長年にわたり球界の屋台骨を背負ってきた松坂世代もそろそろ幕を引こうとしている。球界全体が世代交代を加速させている時だけに、スター性を備えた高校生ってやはり大きな魅力なんです。どの球団も今年の山田や柳田悠岐(ソフトバンク)のような日本人スターが欲しいはず。もし、高橋やオコエらを上位で獲得できれば、球団は2軍で寝かせようとはしないでしょう」

 過渡期の真っただ中にあるプロ野球界。氏の言うように、2015年ドラフトが時代転換の起点となる可能性は充分にある。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オリックス球団社長を11年務めた男が球界の舞台裏著した本
内川、多田野、一場、長野…2000年代ドラフトの事件振り返り
「野球のドラフト指名は人脈・系列・縁故がモノいう」の証言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。