体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イベントや注目の新オープンも!阿寒湖温泉の秋の楽しみ方

カムイの湯 ラビスタ阿寒川

阿寒湖温泉は北海道の阿寒国立公園内にあり、『日本百名山』として有名な雌阿寒岳や雄阿寒岳などの山々や湖が織りなす四季折々の風景をダイレクトに感じられる人気温泉地。

阿寒湖は特別天然記念物のマリモの生息地としても有名で、湖の南側には温泉街が広がり、個性豊かな宿で温泉を満喫できるほか、手湯・足湯で気軽に温泉に親しめることも特徴的です。

紅葉が楽しめる秋は、周辺散策をゆったりと楽しんだり、アイヌ文化に触れられるイベント「イオマンテの火祭り-秋バージョン-」を見たり、阿寒湖温泉ならではの滞在を楽しみたいところ。

さらに、2015年9月には阿寒湖温泉の奥座敷ともいえる阿寒川のほとりに大人の隠れ家宿「カムイの湯 ラビスタ阿寒川」がオープンしたのも見逃せない!ここでは、そんな阿寒湖温泉の秋の楽しみ方をご紹介します!

阿寒湖温泉のおすすめ観光コース

阿寒湖温泉街を散策(弁慶の足湯)
↓徒歩10分
奏楽の森カフェ
↓車で7分
カムイの湯 ラビスタ阿寒川
↓車で10分
阿寒湖アイヌシアター『イコロ』

弁慶の足湯

阿寒湖温泉の遊歩道にある24時間楽しめる無料の足湯

弁慶の足湯 ホテル阿寒湖荘内にある無料の足湯

手湯・足湯は阿寒湖温泉が発祥といわれており、温泉街に数多くある点在。その中でも、弁慶の足湯は温泉街の遊歩道「湖のこみち」の入り口近くにあり立ち寄りやすい。

秋は紅葉の阿寒湖を眺めながらゆっくりと一休みしよう。ちなみに、阿寒湖温泉の泉質は単純泉と硫黄泉(硫化水素泉)で、この足湯では単純泉が楽しめる。

弁慶の足湯があるのは「ホテル阿寒湖荘」の敷地内で、こちらでは宿泊はもちろん、13:00~15:00は日帰り入浴も可能なので、源泉100%かけ流しの湯をぜひ味わってみて。 弁慶の足湯
TEL/0154-67-2231(ホテル阿寒湖荘)
住所/釧路市阿寒町阿寒湖温泉1-5-10(ホテル阿寒湖荘 内)
営業時間/4月~12月下旬(積雪期は閉鎖)
料金/無料
「弁慶の足湯」の詳細はこちら
「ホテル阿寒湖荘」の詳細はこちら

奏楽の森カフェ

湖畔のカフェでさくふわドーナツ♪

奏楽の森カフェおから・きなこなど全10種類の自然派ドーナツ

地元阿寒産「あっかんべぇ~」牛乳を生地に練りこみ、甘さ控えめに仕上げた揚げたてドーナツは全10種類。余計な添加物は使用せず、全て100円台で食べられるとあって幅広い層に人気。お店は温泉街の中心部にあるので、散策途中に立ち寄るのにもぴったり。 奏楽の森カフェ(そらのもりかふぇ)
TEL/0154-67-3311
住所/北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目7-3
営業時間/10:00~18:00
定休日/水曜
料金/ドーナツ120円~、ドーナツセット(ドーナツ1個+コーヒー)450円
「奏楽の森カフェ」の詳細はこちら

カムイの湯 ラビスタ阿寒川

アイヌの神々が集う森と、川の音、温泉を味わう贅沢宿

カムイの湯 ラビスタ阿寒川リバービューシート付”ペツ”川沿いの客室例。周辺は10月初旬には紅葉で色づく

2015年9月、阿寒川畔にグランドオープンした話題の温泉宿。川の音色や森の囁きなど、手つかずの自然に囲まれて、夜は満天の星空を期待してしまう。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。