ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GLIM SPANKY、ツアーファイナルで来年初旬にミニアルバムをリリースする事を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GLIM SPANKYが10月17日(土)、東京・赤坂BLITZにて1stアルバム『SUNRISE JOURNEY』を引っ提げた全国ツアー「SUNRISE JOURNEY TOUR 2015」のファイナル公演を開催! 同公演で、来年の初旬にミニアルバムをリリースする事を発表した。

当日は1500名のファンで会場はパンパンに埋め尽くされた中、アルバム表題曲の「サンライズジャーニー」のイントロが流れるやいなや、大きな歓声に包まれてライブはスタート。その他「褒めろよ」や「リアル鬼ごっこ」、「大人になったら」など、彼らの代表曲はもちろんのこと、インディーズ時代に発表した楽曲などアンコールも含め全18曲を披露。まさに今のGLIM SPANKYをすべて出し切った充実したライブとなった。
 
また、公演中、今回のツアーで初披露していた新曲「NEXT ONE」が視覚障がい者のためのサッカー、ブラインドサッカー日本代表の公式ソングに決定したことを発表。さらに、同時に来年の初旬にミニアルバムを発売することも発表。この日はブラインド・サッカー日本代表の選手や関係者も会場に駆けつけ、来るべき2020年のパラリンピックに向けて、音楽を通じてエールをステージ上から送った。

【ブラインドサッカー日本代表公式ソングに関するコメント】
■GLIM SPANKY 松尾レミ
「ブラインドサッカーはこれから世界に出て行くし、自分たちも世界に出ていきたいバンドなので、お互い世界を目指してやっていく仲間ということで、凄く貴重な出会いが生まれたことを大変嬉しく思っています。この曲をきっかけにブラインドサッカーも私たちもどんどんどんどん世界に突き進んで、一緒に未来を目指していければいいですね!」
■GLIM SPANKY 亀本寛貴
「もともとサッカーが好きで、いつかサッカー選手の背中を押す曲を作りたいと思っていました。ブラインドサッカーは前から知っていて。実際に試合を見てみても、すごく面白くて、熱量もかなり伝わってきて、実際にこうやって曲を作ることができたことがすごく嬉しいです。ミュージシャンをやってきてよかった」
■ブラインドサッカー日本代表選手 加藤健人
「先日の9月アジア選手権では入場の際にこの曲のイントロが使われていて、今『NEXT ONE』を聴くとその時の気持ち、雰囲気を思い出します。先にいただいた曲を試合前だけではなく、移動中や休憩中も聞いて気持ちを高めていました。2番の歌詞が特に気に入ってます。これからもGLIM SPANKYと一緒にゴールを目指して頑張りたい。皆さんに応援していただけたら嬉しいです」

「NEXT ONE」が使用されているブラインドサッカー広報用動画
https://www.youtube.com/watch?v=Fe6VwhqwVaI

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP