ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男がゲンナリする女の口癖~男が”重荷”だと思う一言~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

男性のいい加減な行動にイライラしてしまうことがあると思います。だからといって、男性を追い詰めてしまうと、避けられてしまうことは少なくありません。そこで、男性が”重荷”だと思いアナタを避けるようになってしまうフレーズ、『話聞いてないよね』を紹介したいと思います。

男性をイラッとさせるフレーズ

男性は女性に比べると過去に聞いた話など、細かいことを忘れてしまう事が多いのです。女性はこれを、「真剣に話を聞いていなかったのでは」と疑ってしまいがちです。しかし男性は細かいことを記憶しておく事が苦手な生き物。なので『話聞いてないよね』と言って責めてしまうと、男性側もどうしたらいいかわからず、イラッとするのです。

「面倒臭い女」だと認識されてしまう

過去の話を引っ張り出してしまう女性は多いのではないでしょうか。なので「前にちゃんと言ったでしょ」、「この前話したよね」と思ってしまい、『話聞いてないよね』というフレーズで怒りを男性にぶつけてしまうのです。

された方は覚えているけど、した方は覚えていない。その原理でアナタが覚えていることを必ずしも男性が覚えているとは限らないのです。昔のことを覚えていないのは、男性に限ったことではありません。アナタも自分の胸に手を当ててみると思い当たる節があると思います。

男性にとって重荷になる言葉

『話聞いてないよね』というフレーズは、男性にとって重荷にもなるフレーズなのです。「過去のことを持ちだされたくない」と思って、アナタに近づくのを避けることも否めません。過去は変えることができないもの。それをいちいち持ちだしていると男性はアナタのことを心の狭い女性だと思い、離れていくでしょう。

自分のことを棚に上げて過去の話で男性を責め立てていると、「面倒臭い女」だと思われてしまい、男性の気持ちが離れていっても仕方がないのです。「人間は忘れる生き物」それを念頭に置いて会話をするのが、男性といい関係を築くコツでもあるのです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP