体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪の最後を飾る想い出の一品『特製ハンバーグステーキ』を食す!@『グリル清起』難波

guri-1_R

筆者は大阪に行くと、必ず立ち寄る店が何軒かありますが、今回紹介する『グリル清起』も、そんなお気に入りの店のひとつです。

空港行きのバス乗り場が近くにあるので、飛行機で帰る時は必ず『グリル清起』の『特製ハンバーグステーキ』を食べて

「また大阪に戻るぜ!」

みたいな事を心に誓う、筆者にとってはひとつの儀式となっています。

店構えが半端ない『グリル清起』

guri-12_R

筆者も初めて『グリル清起』に訪れた時はビビりました。

この混沌とした感じがマニアには堪りませんが、一般の人には”入りにくい感”が半端ありません。

しかし、店の外にはメニューもあるので、一応は”心構え”みたいなモノを固めてから入店する事も出来るので、安心して下さい。

guri-10_R

当然、筆者は『特製ハンバーグステーキ』一択で御座います。

からし醤油の儀式

guri-2_R

『特製ハンバーグステーキ』をオーダーすると、唐突に写真の”からし醤油的な何か”が出て来ます。

最初は意味不明だったのですが、コレを混ぜてハンバーグステーキにかけて食べるらしいです。

なので、料理が出来るまでの時間は精神を統一して、この”からし醤油”を混ぜる作業に没頭します。

大丈夫だ、問題ない

なぜか『とんねるず』の某番組系な店が被りまくる筆者のチョイスですが、今回の『グリル清起』も賞状がありました。

そんな感じの店なので、ちょっと店内写真は撮りませんでした。

そして!

とにかく調理場が狭い!!

めっちゃ狭い空間で二人の調理人が”ワルツ”を踊るかのよな華麗なステップで、お互いのポジションを入れ替えながら調理しています。

しかも!!

かなりの強火で”焼きそば”的な麺を炒めるのですが、その放置プレイレベルがヤヴァィですね。

SMどころかハードSMと言っても過言ではない、激しい責めで火にかけっぱなしの鉄板で”焼きそば”を炒めています。筆者的にはいつも

「そろそろ麺を返した方がいいんじゃないか?」

と、ハラハラしながら見守る事しか出来ません。

つまり、コレは一見”麺”を激しく責めているように見せかけて、実は筆者もいつの間にかプレイに参加していると言う罠なのです。

『特製ハンバーグステーキ』を食す!

guri-3_R

そして筆者が大阪で最後に食べる”旅立ち飯”である『特製ハンバーグステーキ』の登場です。

「材料の値段が上がって小さくなっちゃったゴメンね」

とシェフは言うものの、なかなかの大きさで御座います。

guri-5_R

ハンバーグマニアである筆者の眼で見た感じだと……345グラムですね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。