ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪の最後を飾る想い出の一品『特製ハンバーグステーキ』を食す!@『グリル清起』難波

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

筆者は大阪に行くと、必ず立ち寄る店が何軒かありますが、今回紹介する『グリル清起』も、そんなお気に入りの店のひとつです。

空港行きのバス乗り場が近くにあるので、飛行機で帰る時は必ず『グリル清起』の『特製ハンバーグステーキ』を食べて

「また大阪に戻るぜ!」

みたいな事を心に誓う、筆者にとってはひとつの儀式となっています。

店構えが半端ない『グリル清起』

筆者も初めて『グリル清起』に訪れた時はビビりました。

この混沌とした感じがマニアには堪りませんが、一般の人には”入りにくい感”が半端ありません。

しかし、店の外にはメニューもあるので、一応は”心構え”みたいなモノを固めてから入店する事も出来るので、安心して下さい。

当然、筆者は『特製ハンバーグステーキ』一択で御座います。

からし醤油の儀式

『特製ハンバーグステーキ』をオーダーすると、唐突に写真の”からし醤油的な何か”が出て来ます。

最初は意味不明だったのですが、コレを混ぜてハンバーグステーキにかけて食べるらしいです。

なので、料理が出来るまでの時間は精神を統一して、この”からし醤油”を混ぜる作業に没頭します。

大丈夫だ、問題ない

なぜか『とんねるず』の某番組系な店が被りまくる筆者のチョイスですが、今回の『グリル清起』も賞状がありました。

そんな感じの店なので、ちょっと店内写真は撮りませんでした。

そして!

とにかく調理場が狭い!!

めっちゃ狭い空間で二人の調理人が”ワルツ”を踊るかのよな華麗なステップで、お互いのポジションを入れ替えながら調理しています。

しかも!!

かなりの強火で”焼きそば”的な麺を炒めるのですが、その放置プレイレベルがヤヴァィですね。

SMどころかハードSMと言っても過言ではない、激しい責めで火にかけっぱなしの鉄板で”焼きそば”を炒めています。筆者的にはいつも

「そろそろ麺を返した方がいいんじゃないか?」

と、ハラハラしながら見守る事しか出来ません。

つまり、コレは一見”麺”を激しく責めているように見せかけて、実は筆者もいつの間にかプレイに参加していると言う罠なのです。

『特製ハンバーグステーキ』を食す!

そして筆者が大阪で最後に食べる”旅立ち飯”である『特製ハンバーグステーキ』の登場です。

「材料の値段が上がって小さくなっちゃったゴメンね」

とシェフは言うものの、なかなかの大きさで御座います。

ハンバーグマニアである筆者の眼で見た感じだと……345グラムですね。

このアツアツのハンバーグに”からし醤油”を回しかけて、卵の黄身と混ぜて食べるのが『グリル清起』の醍醐味です。

とにかく熱いぞ『特製ハンバーグステーキ』

基本、この『グリル清起』は焼きまくりなので、鉄板料理である『特製ハンバーグステーキ』も超アツアツで御座います。

ハンバーグを割った瞬間、レンズが湯気と言うか激しい蒸気で曇る勢いです。

中はこんな感じで、玉葱ゴロゴロなワイルド感溢れる”漢”(オトコ)のハンバーグです。

コイツを”からし醤油”で喰らうのが最高に美味しいんですよね。

ハンバーグの右側はデミソースと言うかバーベキューソース的な何かで、左側は何もかかっていないので”からし醤油”で頂きます。

この”両面待ち”と言うか”阿修羅男爵”みたいな仕様の味変システムは、なかなか計算されたスタイルと思われます。

焦げた”焼きそば”がイイ!

そして!

なんの味付けもされていない、ただの”麺”が香ばしくて美味しいのもポイントです。

カリカリどころか”バリバリ”になるまで、徹底的に炒められた麺が、この『特製ハンバーグステーキ』に最高に合います。

なので、筆者はいつも『特製ハンバーグステーキ』の時は、これ単品で”御飯”は無しで頂いています。

このワイルドなハンバーグには米よりも、むしろ麦芽、すなわち”瓶ビール”を合わせるべきかと存じます。

『グリル清起』 総評

大阪でも、かなりの老舗な『グリル清起』ですが、なぜか知名度は低いような気がします。

確かに万人向けの店では無いと思いますが、この『グリル清起』にしかない”世界観”みたいなのが筆者は好きですね。

特に”ハンバーグにからし醤油”と言うのは、有りそうだけれども意外と無いので、是非とも『特製ハンバーグステーキ』は試して頂きたい一品です。

それでは、みなさんも是非『グリル清起』に訪れてみて下さい。大阪を締めくくる最後の”思い出”になると思いますよ。

『グリル清起』
大阪府大阪市 中央区難波4-5-8

なんば 空港リムジンバス乗り場近く

営業時間 11:30~15:00 17:30~21:00
定休日:土曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP